プロフィール

ひめはるぜみ(多摩)

Author:ひめはるぜみ(多摩)
故郷 多摩地区を中心に 食べ歩いたお店や料理を中心に描いています。最近のコンデジはレベルがあがり、写真の技術が伴わずピンボケ写真になっていますが、それも 愛嬌。ご容赦ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

多摩 我が愛しのお店②
東京多摩地区を中心に 楽しいお店・美味しいお店・あれっ?なお店を書いています。私の主観による感想で、情報提供をするサイトではありません。私の忘備録の日記です。
東村山「手打ちそば ごろう」こんな店で?旨い蕎麦
 160427東村山ごろう002_R
西武園駅近くの細い抜け道を走っていたら、駐車場に「手打ちそば」の旗がなびいていた。
どこにあるのだろうかと振り返ると、住宅地の中にたたずむ自宅を改造したような店がある。

この地帯は武蔵野うどんのメッカである。
昔の家庭のうどんがうどん屋で食べられて大人気なっている。
きっと「ごろう」もそんな店なんだろう。
160427東村山ごろう004_R
中に入るとテーブルが3~4
常連さんのおばちゃんがながながと世間話をしながら天ぷらを食べている。
お客さんは一人だ。
160427東村山ごろう003_R

私の先輩の年齢のおばちゃんが七三の蕎麦を調理し
私と同じくらいの女性が給仕しながら、ながなが話に付き合っている。
まさしく武蔵野うどん屋と同じ。

セイロ650円を食べることにした。
家庭風蕎麦屋なのに値段が高い?
失敗してもいいように一番安いセイロだ。

160427東村山ごろう005_R
大して期待していなかったが、細く切られた蕎麦と
肉汁を入れる大きな椀にただならぬものを感じた。
160427東村山ごろう006_R

口に入れると広がる甘さ。
柔らかくしみじみと気持ちが落ち着いてくる。
160427東村山ごろう007_R
不思議なんだ。
この蕎麦にこの汁があっている。
どのタイミングで山葵を使えばいいのか、必要ないのか。いらないようだ。
160427東村山ごろう008_R
今日まで七三の蕎麦ってこんなに旨いって知らなかった。
いい経験をしたとともに、再訪は必至となる。
160427東村山ごろう001_R

2016年4月27日の訪問  迷った抜け道で発見。

食べログの情報はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。
 

Copyraight(c) 2016  himeharuzemi. All right reserved

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://himeharuzemitama.blog.fc2.com/tb.php/1888-1c674eac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)