FC2ブログ
プロフィール

ひめはるぜみ(多摩)

Author:ひめはるぜみ(多摩)
故郷 多摩地区を中心に 食べ歩いたお店や料理を中心に描いています。最近のコンデジはレベルがあがり、写真の技術が伴わずピンボケ写真になっていますが、それも 愛嬌。ご容赦ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

多摩 我が愛しのお店②
東京多摩地区を中心に 楽しいお店・美味しいお店・あれっ?なお店を書いています。私の主観による感想で、情報提供をするサイトではありません。私の忘備録の日記です。
吉見町 手打うどん「たもと」(番外編)

 川越方面から北本市に行く時は、川島町から吉見町を経由して、荒井橋で荒川を渡ることが多いです。吉見町はうどん屋さんが非常に多い町で、主要道路の交差点には必ず「手打うどん」の看板を見ることが出来ます。果たして、コンビ二とどっちが多いのでしょうか。



荒井橋を渡る手前に「手打うどん たもと」があります。小さそうなお店ですがどっしりとした佇まいで いつも 気になっていました。本日、初めての訪問です。



  吉見町 手打うどん 「たもと」



Dscf5215 Dscf5219















 暖簾をくぐってお店に入ると、テーブル席と奥に座敷があって、宴会が出来そうな広いお店です。訪問した時間は2時頃です。お客さんは1組の方が入っていました。お父さんと若い女性です。若い女性まで「づるづる」すすってうどんを食べています。きっと、地元の方なんでしょうね。



早速、花柄のかわいらしいメニューを見ます。値段は「吉見町プライス」です。450円からスタートです。うどんは天付うどん900円が最高値段です。定食には天婦羅定食1100円ですが、「*丼と定食には小うどんが付く」そうです。



Dscf5216



Dscf5217















 しかし、ここは迷わず「皿うどん450円」を注文しました。柔らかめのうどんが出てくるのでしょうか、それとも 太くてごわごわのうどんが出てくるのでしょうか?楽しみに待っています。



待つこと少々、450円なれど、量は結構ありそうです。付け汁を舐めてみました。だしは利いているものの、濃さは薄めです。汁にうどんをジャブジャブ付けて食べるにはちょうどよさそうです。香気を放っているすりたての生姜を汁に入れて づるづる食べ始めました。麺は若干平打ち気味です。形は鴻巣で買ってくる名物のうどんの乾麺の平打ちに似ています。弾力はありますが「プツン」と切れるほどではなく、硬めに茹で上げられています。そうかといって、北本の田舎うどんのように「ごわごわ」でもなく、普通に「づるづる」食べる日常食ですDscf5220Dscf5222















 吉見町のうどん屋さんは実に奥深いです。いったい何軒あるんでしょうか。いろんなタイプのうどんがありそうです。加須のように 町おこしにもつかえるんじゃぁ無いでしょうか。



 来たついでに何軒も回ろうと思いますが、うどんの量があるので回りきれません。(笑)少しずつ訪問したいと思っています。



吉見町 手打うどん 「たもと」

埼玉県比企郡吉見町大字江和井560
0493-54-5232

本サイトの写真の著作権は 執筆者ひめはるぜみにあり、他のサイトの転用は一切禁じます。  



Copyright(C) 2008 himeharuzemi. All rights reserved.




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://himeharuzemitama.blog.fc2.com/tb.php/19-351bfe2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)