プロフィール

ひめはるぜみ(多摩)

Author:ひめはるぜみ(多摩)
故郷 多摩地区を中心に 食べ歩いたお店や料理を中心に描いています。最近のコンデジはレベルがあがり、写真の技術が伴わずピンボケ写真になっていますが、それも 愛嬌。ご容赦ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

多摩 我が愛しのお店②
東京多摩地区を中心に 楽しいお店・美味しいお店・あれっ?なお店を書いています。私の主観による感想で、情報提供をするサイトではありません。私の忘備録の日記です。
関東UDONスタンプラリー12軒目「武蔵村山満月」
 私の生活範囲に入っているからいつでも行ける。
昼間行くと、いつも駐車場が混んでいるので行き辛い。
そんな理由ですっかり後回しになっていた武蔵村山市の「満月」に訪問した。

関東UDONスタンプラリー12軒目だ。
160512武蔵村山満月001_R
いつもは大人気の店だが、さすがに平日の二時近くになると待ち時間はない。
車もストレスなく駐車でき、気分は最高。
だが、おやっ 私がうどんのほかにお目当てにしていた
素敵なおかみさんの姿は見当たらず、女性スタッフ2人が花番さんだった。
160512武蔵村山満月002_R
よく目を凝らしてみると、打ち場のほうにそれらしき後姿が見える。
とても忙しそうだ。残念。
160512武蔵村山満月004_R
さて、「満月」は 糧うどんの名店であり、やはり「肉汁うどん730円」を注文するのが間違いない。それでは腹が満たされない御仁は、ごはんのセットを足すのが一番だ。
160512武蔵村山満月003_R
待つこと約15分。
おいしいうどんが出来上がった。
こころなしか以前と比べて、盛り付けが少し雑ではないか?と思い古い写真を探し出した。
しかし、実際には思い違いで、満月うどんの盛り付けはこんなものだった。
最近訪問する店の盛り付けが美しいため、
「きっと満月も素晴らしかったに違いない」と自分の中で美化していたようだ。
グレイがかったうどんは、武蔵野うどんの王道だ。
塩分が若干強めに残っているが、気温の急激な変化に対応中なのであろう。
160512武蔵村山満月006_R
豚肉は、まるで煮豚そのものだ。肉のうまみが肉に残っていて
味を出すためではない、贅沢に食わせる肉となっている。
160512武蔵村山満月007_R
もりもり食べて、最後に耳を食べると
美味しいひと時は終わった。
女性スタッフに「スタンプラリー頑張ってください」と言われ嬉しくなる。
やっぱり「満月」はいい店だなぁ。
160512武蔵村山満月008_R
満足度100%で店を出た。
はて、何か足りない。いつもは120%だったはず。
その差はどこにあるのだろうか。

その20%の差はおかみさんの接客がなかったからだ。
美人のおかみさん目当てと自分のことを評していたが
私が期待していたのは「美人おかみ」ではなく
「美人のおかみのさりげない接客」だった。
そしてこれは難しい。女性スタッフはちゃんとした仕事をしていたし、
家族経営でやっていて、責任をすべて背負える人でなければ
自分の判断で接客のなかみを決めることができないからだ。

マニュアルにできない強さだろう、と思い、昼過ぎの仕事に向かったのだ。

2016年5月12日 昼2時の訪問

以前の訪問記事はこちらから(肉汁うどん)
以前の訪問記事はこちらから(満担うどん)

食べログの情報はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。
 

Copyraight(c) 2016  himeharuzemi. All right reserved

テーマ:中華料理 - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://himeharuzemitama.blog.fc2.com/tb.php/1903-3d50624c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)