プロフィール

ひめはるぜみ(多摩)

Author:ひめはるぜみ(多摩)
故郷 多摩地区を中心に 食べ歩いたお店や料理を中心に描いています。最近のコンデジはレベルがあがり、写真の技術が伴わずピンボケ写真になっていますが、それも 愛嬌。ご容赦ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

多摩 我が愛しのお店②
東京多摩地区を中心に 楽しいお店・美味しいお店・あれっ?なお店を書いています。私の主観による感想で、情報提供をするサイトではありません。私の忘備録の日記です。
立川「パワー軒燕三条ラーメン」極太らーめん
 160515立川三条らーめん001_R
立川柏町に「燕三条ラーメン」というラーメン屋がある。
この付近はラーメン激戦地で、つけ麺、豚骨ラーメン、満州餃子と選ぶことに事欠かない。

さて、燕三条ラーメンは久しぶりだ。どんな味か忘れてしまったし。
訪問する頻度が少ないことから私の好きなタイプではなさそうだ。
160515立川三条らーめん002_R
私は燕三条ラーメンで(中)830円を選び、同僚はつけ麺の(中)の券をを買った。
カウンターに座り、食券を出すと
「つけ麺は量が多いですよ。大丈夫ですか。480gもありますよ」と声をかけられた。
並みで十分ですと差額の返金を受け「親切な店だね」と顔を見合わせた。
160515立川三条らーめん004_R
お客さんは常連さんが多いようだ。
スタッフと親しいそうな会話がある。
アットホームな店だ。
160515立川三条らーめん006_R
出てきた燕三条ラーメン中だ。
どんぶり一杯に麺が広がる。
スープは魚介と動物系だ。
麺は太くて縮れている。
160515立川三条らーめん003_R
このラーメンは、旨いのかそうでないのか私の判断の外にある。
よくわからないのだ。
わかるのは量が非常に多く、多くの人は「並」で十分だろうということだけだ。

スープも麺も美味しいのか、よくわからないのだ。
馴染みのお客さんは旨そうに食べているし
相当なリピーターだ。
お馴染みさんが何人も入ってくる。

私には理解できない味「燕三条ラーメン」。
不思議な経験をした。

2016年5月17日の訪問

食べログの情報はこちらから
このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。
 

Copyraight(c) 2016  himeharuzemi. All right reserved


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

コメント
地域ラーメンなんです♪
燕三条ラーメンって 地域のラーメンなんですね。
勝浦タンタンメンと同じような位置づけですね。

それじゃぁ、私が よくわからないのも 無理はないことですね。
[2016/05/19 05:57] URL | ひめはるぜみ(多摩) #- [ 編集 ]


本場(現地)のは美味いですよ
数年前は、アブラ多め(時には『鬼』(あふれる程))とか喰えたけど、
今はムリだなぁ
[2016/05/18 23:16] URL | R128ひろ(オガワ) #tACtW8dg [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://himeharuzemitama.blog.fc2.com/tb.php/1907-4f67a112
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)