プロフィール

ひめはるぜみ(多摩)

Author:ひめはるぜみ(多摩)
故郷 多摩地区を中心に 食べ歩いたお店や料理を中心に描いています。最近のコンデジはレベルがあがり、写真の技術が伴わずピンボケ写真になっていますが、それも 愛嬌。ご容赦ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

多摩 我が愛しのお店②
東京多摩地区を中心に 楽しいお店・美味しいお店・あれっ?なお店を書いています。私の主観による感想で、情報提供をするサイトではありません。私の忘備録の日記です。
立川「あら井鮨総本店」我が家の記念日とともにある店
立川で所帯を持って30年経った連休前に、
元気だけがとりえだった家内が、突然の入院になった。
地元で国立医療災害センターに紹介状を書いた医者の見立ての通りの
1か月の入院になった。

退院が決まって、最初の昼食は何がいいかと聞くと
「あら井鮨」のランチでちらしを食べたいという。
食事制限がないので、何でも食べられるがやはり「寿司」がいいらしい。
160523立川あら井鮨総本店001_R
大きい病院での会計は時間がかかった。
「あら井鮨」についたのは12時になりそうな時間だ。
あら井鮨のランチは人気があって、12時15分前に入らなければ待つこととなる。
案の定、1組待ちで約10分待った。その間にも何組も来る。
寿司で職人が握るのを見ながら、美味しい寿司を1000円ちょっとで食べられる。
人気があるのは当たり前である。
160523立川あら井鮨総本店008_R
家内は、「ちらし大1200円」でごはん少な目とし、
私はつられて「ちらし1000円」にした。
ランチメニューはアイテムが絞り込まれているから、
職人はずんずん握っていくので、出来立てをあまり待たなくて食べられる。
1階の窓口で待ち時間があっても、回転率が高く意外と時間はかからないものだ。
160523立川あら井鮨総本店005_R
先に私の「ちらし1000円」だ。
いつも行っている回転寿司とは圧倒的な質の違いがある。
家内の「ちらし大1200」と比べるも
あまり大きな違いはないように思える。
160523立川あら井鮨総本店004_R
(手前が並み、奥が大)
まぐろとカンパチが多いのはわかったが、後はよくわからなかった。
握りの大は、個数でわかりやすいが、ちらしはわかりづらいものだ。

吸い物もコーヒーゼリーも美味しくいただいた。

「早く元気になってくださいね」と
女将に見送られて店をでた。
我が家の節目節目で使う店「あら井鮨総本店」は
私の大好きな店の一つである。

2016年5月23日(月曜日)
真夏日の訪問だった。

以前の訪問記事はこちらから

食べログの情報はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。 

Copyraight(c) 2016 himeharuzemi. All right reserved.

テーマ:寿司・鮨・すし - ジャンル:グルメ

コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2016/05/24 19:50] | # [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://himeharuzemitama.blog.fc2.com/tb.php/1913-709e6620
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)