プロフィール

ひめはるぜみ(多摩)

Author:ひめはるぜみ(多摩)
故郷 多摩地区を中心に 食べ歩いたお店や料理を中心に描いています。最近のコンデジはレベルがあがり、写真の技術が伴わずピンボケ写真になっていますが、それも 愛嬌。ご容赦ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

多摩 我が愛しのお店②
東京多摩地区を中心に 楽しいお店・美味しいお店・あれっ?なお店を書いています。私の主観による感想で、情報提供をするサイトではありません。私の忘備録の日記です。
鴻巣「漬金」奈良漬けがおいしい

鴻巣市に江戸時代からやっている漬物屋がある。
一口に漬物といっても実は大変幅広い。

今、販売量が多いのは実はキムチで乳酸発酵したものだが、
今時はキムチ風の浅漬けが人気があるそうだ。
他には、古くからの梅干し、酢漬け、古漬けなどがある。

ここ「漬金」は奈良漬けの名店なのだ。
160526鴻巣漬金001_R

店に入ると、パックに入った古漬けも品揃えしてあるが
それらは仕入れ商品だ。目をくれてはいけない。
160526鴻巣漬金002_R
狙うは、左側の冷蔵ケースに入っているパック商品だ。
奈良漬けを買うのが正解だ。
160526鴻巣漬金003_R
パックをもってご主人と話していると、右手奥に味噌樽のようなものを発見した。
奈良漬けをバラ販売してくれるそうだ。

100g当り310円でスーパーのものと比べると若干高い。
瓜、生姜、きゅうり、なすが漬かっている。

160526鴻巣漬金005_R

160526鴻巣漬金006_R

ご主人は手早く味噌をぬぐい、私の少量のお願いにもこたえてくれる。

帰って早速食べると、なんと旨いことか。
あのツ~ンとするアルコールぽい匂いがしない。
人工的な調味料の味がしない。
塩分が多いから遠慮をしたいと言っていた家内にすすめると
慎重に1切れ食べ、美味しいと言ってもう一切れ食べる。

小さく切ってお茶漬けにすれば家庭のごはんが料亭の締めの料理に早変わりする。
おにぎりに握れば最高だわと家内がさらに食べたがる。

まだまだ、地方には本物を作っている店があるんだ。
いきなり訪問して、発見することは本当に楽しいものだ。

2016年5月26日の訪問

〒365-0038 埼玉県鴻巣市本町 8-4-6
048-541-0131


このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。
 

Copyraight(c) 2016  himeharuzemi. All right reserved

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://himeharuzemitama.blog.fc2.com/tb.php/1918-f38e78bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)