プロフィール

ひめはるぜみ(多摩)

Author:ひめはるぜみ(多摩)
故郷 多摩地区を中心に 食べ歩いたお店や料理を中心に描いています。最近のコンデジはレベルがあがり、写真の技術が伴わずピンボケ写真になっていますが、それも 愛嬌。ご容赦ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

多摩 我が愛しのお店②
東京多摩地区を中心に 楽しいお店・美味しいお店・あれっ?なお店を書いています。私の主観による感想で、情報提供をするサイトではありません。私の忘備録の日記です。
昭島「満留賀」ランチ どんぶりが旨い
 160627昭島まるが001_R
昭島市東中神の江戸街道沿いに昔ながらの蕎麦屋がある。
普通の蕎麦屋でわざわざ遠くからくる店ではない。
が、なんだかほっこりする店で女性が一人で食べていたり
会社員がグループでいたりで
そこそこ繁盛している地元の店である。
160627昭島まるが003_R 160627昭島まるが005_R
定番は安くてよい。季節ものはまぁまぁそれほどの値段だ。
私は大もりをそのまま注文し
家内は狸丼とのセットにした。
160627昭島まるが006_R
蕎麦は押し出し風で角はない。一本一本はしっかりしている。
汁は甘い。練りワサビをあらかじめ溶かし込みネギも入れて
一気に食べていくのにちょうど良い。

蕎麦はそこそこだが、どんぶりは旨い。
160627昭島まるが007_R

160627昭島まるが008_R
甘いつゆで天かすを玉子でとじただけで
どうしてこんなに旨いのだろうか。
旨い、旨いと分けてもらったたぬき丼を掻っ込むと幸せな気持ちになる。
160627昭島まるが009_R
蕎麦湯はいかがですかとすすめられたものは
意外や意外、蕎麦湯を溶かし込んだものだ。
いつからか、今時の蕎麦屋専門店のようなサービスをするようになったようだ。

普通のどんぶりが旨い蕎麦屋で
蕎麦湯を飲んで、小さな喜びを感じにこっとする感じ。
とても楽しかった。
160627昭島まるが004_R

2016年6月27日の訪問。

以前の訪問記事はこちらから

食べログの情報はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。
 

Copyraight(c) 2016  himeharuzemi. All right reserved


テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://himeharuzemitama.blog.fc2.com/tb.php/1945-2f06de82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)