プロフィール

ひめはるぜみ(多摩)

Author:ひめはるぜみ(多摩)
故郷 多摩地区を中心に 食べ歩いたお店や料理を中心に描いています。最近のコンデジはレベルがあがり、写真の技術が伴わずピンボケ写真になっていますが、それも 愛嬌。ご容赦ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

多摩 我が愛しのお店②
東京多摩地区を中心に 楽しいお店・美味しいお店・あれっ?なお店を書いています。私の主観による感想で、情報提供をするサイトではありません。私の忘備録の日記です。
相模原市たまご街道「昔の味たまご」
 相模原市麻溝地区には養鶏場がたくさんあり、
近年では「たまご街道」と言われている。
生産者の中には玉子だけではなく、プリンやケーキに事業の幅を広げているところもある。
160728相模原昔の味たまご005_R
今日は看板がかわいらしく道から入りやすい
「昔の味たまご農場」で玉子を買うこととした。
160728相模原昔の味たまご002_R
昔の味たまご農場は普通の玉子屋さん。
先日はテレビで太川洋介さんが来たらしい。(ルイ、ルイ)
販売サイズは1kg売りがメインだが、10個入りもその場で詰めてくれる。
160728相模原昔の味たまご004_R

160728相模原昔の味たまご003_R
玉子を選んでいると
贈り物できますか?とお客が入ってくる。
スタッフは一人で二人の客を同時に接客する。つまり慣れているということだ。
玉子を買うと「何人ですか?ゆで玉子をどうぞ」とサービスしてくれた。
えっ、嬉しい。
160728相模原昔の味たまご001_R
小さな玉子だが、今時の言い方をすれば「ほっこり」する。
大好きな生産者となるのだった。
160728相模原昔の味たまご006_R
帰宅して早速TGKだ。
白身の盛り上がりすごい。
黄身の色=(カラーという)はさほど赤くない。
黄身の味はレベルが高い地玉子としては普通だ。
つまりスーパーのものより美味しくて
値段はほどほどに抑えられている。

この地区にはほかにも玉子屋が沢山ある。
いろいろ食べ比べすると面白そうだ。

2016年7月28日の訪問

公式サイトはこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。
  
Copyraight(c) 2016 himeharuzemi. All right reserved
.



テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://himeharuzemitama.blog.fc2.com/tb.php/1964-0415814a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)