プロフィール

ひめはるぜみ(多摩)

Author:ひめはるぜみ(多摩)
故郷 多摩地区を中心に 食べ歩いたお店や料理を中心に描いています。最近のコンデジはレベルがあがり、写真の技術が伴わずピンボケ写真になっていますが、それも 愛嬌。ご容赦ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

多摩 我が愛しのお店②
東京多摩地区を中心に 楽しいお店・美味しいお店・あれっ?なお店を書いています。私の主観による感想で、情報提供をするサイトではありません。私の忘備録の日記です。
新宿「追分」でかき氷
 暑い 暑い 暑い 暑い
外で立っているだけで、服はアイロンをかけ終えたばかりになった。
少し歩くだけで汗が滝のように出てきて、ハンカチが湿っぽくなってしなった。
もう ポケモンGOで歩き回る気力はなくなって、氷を食べることにした。
160730新宿追分005_R
新宿伊勢丹から道路を渡ったところに
和菓子の老舗「追分だんご」がある。売り子さんが何人も立つ人気店である。
伊勢丹のバーゲンの買い物を終えた家族と合流し、中に入ることにした。
160730新宿追分001_R
中は茶屋の様になっており、だんごを食べることができるようになっている。
しかし、今は氷の季節だ。
何にしようかと、10分待ちで通された席でお品書きをじっくり見る。
160730新宿追分002_R
左上の「宇治金時1134円」が目を引く。
私はストレートに宇治金時にして、家族のバーゲンの戦果を聞くのだった。
興味がない話だが、ここで我慢をして聞かないと彼女たちとの関係が気まずくなるのは必至なのだ。
160730新宿追分003_R
運ばれてきた宇治金時は子供の頭並みに「でっかい」。
渋い宇治がたっぷりかかり、追分自慢の餡が上に乗る。
上を気にして食べていくと、中ほどの氷がパラパラと落石の様に下に落ちていく。

家族は追分の氷がおいしいという。ゆっくり時間をかけて食べられていいという。
私は「無駄に量が多い」と思い、男女の感覚の差なのか、個人的な差なのか、
評価の軸が違っていることがわかった。

そういえば、最近はやりの **珈琲店への価値観の違いと似ているのかもしれない。

家内はゆったり過ごすことを好み
私は実利的で直線的だ。さっと食べてさっと出る。
そんな私は「せっかちで面白くない」と言われるたびに
「すいませんね」と形だけ謝ることが多くなっている。
それが処世術というもんだ。

2013年7月30日の昼下がりの訪問

食べログの情報はこちらから

公式サイトはこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。
  
Copyraight(c) 2016 himeharuzemi. All right reserved
.

テーマ:スイーツ - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://himeharuzemitama.blog.fc2.com/tb.php/1967-02388e54
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)