プロフィール

ひめはるぜみ(多摩)

Author:ひめはるぜみ(多摩)
故郷 多摩地区を中心に 食べ歩いたお店や料理を中心に描いています。最近のコンデジはレベルがあがり、写真の技術が伴わずピンボケ写真になっていますが、それも 愛嬌。ご容赦ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

多摩 我が愛しのお店②
東京多摩地区を中心に 楽しいお店・美味しいお店・あれっ?なお店を書いています。私の主観による感想で、情報提供をするサイトではありません。私の忘備録の日記です。
国立 手打ち蕎麦「志奈乃」大もり
 160807国立しなの001_R
連日の暑さに身体が付いてこれなくなり、食欲が衰えてきた。
何かあっさりしたものを食べたいと、家内に言うと
「蕎麦がいい」と答えが返ってきた。

そして「普通のお蕎麦屋さんがいい」と続く。
本格的な手打ち蕎麦が食べたい私と家内との調整は
最大公約数的な国立「志奈乃」となる。

志奈乃は出前をやっている街の蕎麦屋だから
種物やどんぶりが充実している。
160807国立しなの002_R
値段の割に量が多いし、
味だって普通以上に旨いのだ。
早速、せいろ大盛り600円+150円を注文して待った。

160807国立しなの003_R
大盛りは、有名蕎麦屋ならば優に2~3枚分あり、
腹はいっぱいになる。
汁は、信州としては若干辛めだ。醤油の勝った味がする。
出汁の濃厚な辛さではないから、好き好きは分かれそうだ。
辛い(しょっぱい)汁に蕎麦を付けると
蕎麦の甘みがどんどん出てくる。
街の出前をする蕎麦屋でこれほど美味しい蕎麦を出すところは滅多にない。

160807国立しなの004_R

「志奈乃」は、わざわざ、遠くから食べにくる店ではないが、
近所にぜひ一つあってほしい蕎麦屋なのだ。


2016年8月7日

以前の訪問記事はこちらから

食べログの情報はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。
  
Copyraight(c) 2016 himeharuzemi. All right reserved
.


テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://himeharuzemitama.blog.fc2.com/tb.php/1970-976b11da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)