プロフィール

ひめはるぜみ(多摩)

Author:ひめはるぜみ(多摩)
故郷 多摩地区を中心に 食べ歩いたお店や料理を中心に描いています。最近のコンデジはレベルがあがり、写真の技術が伴わずピンボケ写真になっていますが、それも 愛嬌。ご容赦ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

多摩 我が愛しのお店②
東京多摩地区を中心に 楽しいお店・美味しいお店・あれっ?なお店を書いています。私の主観による感想で、情報提供をするサイトではありません。私の忘備録の日記です。
埼玉県八潮市「手打ちそば 大むら」
埼玉県八潮市はつくばエクスプレスが開通して
来るたびに街の道路が変わり、
私の古い車のナビはあてにならなくなった。
いつの間にか病院ができ、その前に蕎麦屋ができていた。  
160716八潮市大むら001_R
「手打ちそば 大むら」
いよいよ八潮にも本格的手打ち蕎麦屋ができたのだと
喜び店に入った。
160716八潮市大むら005_R
値段の設定が安いのは、八潮市に合わせたのだろうか。
「ここは量がないとダメなんですよ。汁もたっぷりなければだめなんですよ」
いつの間にか撤退した本格的蕎麦屋の女将さんがおっしゃっていたことが
急に頭をよぎった。
160716八潮市大むら004_R
連れは蕎麦を食べるとして、気が変わった私は
いつものカツ丼を注文することにした。

待っている間にもお客さんは途切れずに入ってくる。
道路の向かいの大きな病院の恩恵にあづかっているのだろう。
160716八潮市大むら002_R
カツ丼はボリュームがあり、おいしい。
いつもの蕎麦屋のしょっぱいカツ丼だ。
で、蕎麦はどうなんだろう?
160716八潮市大むら007_R 160716八潮市大むら006_R
細く切られて、エッジが立っているから
手打ちには間違いなさそうだ。
蕎麦の香りが立ってこないと連れが難しいことをいう。
本格的な手打ちそばを求める向きには、手ごたえがないだろうが
病院へのお見舞いや、ちょっと食べるには便利な店だ。

ファストフードのチェーン店しかなかった八潮市に
いろんな店ができて、選択の幅が広がることは大歓迎である。

2016年7月16日の訪問

食べログの情報はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。
  
Copyraight(c) 2016 himeharuzemi. All right reserved
.

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://himeharuzemitama.blog.fc2.com/tb.php/1971-85083e14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)