プロフィール

ひめはるぜみ(多摩)

Author:ひめはるぜみ(多摩)
故郷 多摩地区を中心に 食べ歩いたお店や料理を中心に描いています。最近のコンデジはレベルがあがり、写真の技術が伴わずピンボケ写真になっていますが、それも 愛嬌。ご容赦ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

多摩 我が愛しのお店②
東京多摩地区を中心に 楽しいお店・美味しいお店・あれっ?なお店を書いています。私の主観による感想で、情報提供をするサイトではありません。私の忘備録の日記です。
国立「洋食 すえひろ亭」退院後の昼食カツカレー
 たった4日間の入院でも家族は大変なことになる。
「たった4日間の入院」の怪我で、どこにでもある麻酔を含めて4時間程度の
簡単な手術だ。
病院は慣れているが、患者や家族は慣れていない。
やっと退院はしたが、くたびれたというのが実感だ。
しかも治ってからの退院ではなく、処置が終わったからの退院だ。

気持ちが落ちているので何か好きなものを食べてから帰ろうというと
「玉子焼きが乗っているハンバーグが良い」という。
うなぎではなく寿司でもなくハンバーグということに驚きつつ
立川の「JIRO」に行くと、残念ながら休みだった。困った。
次の候補が出てこない。昔は羽衣町に「蔦屋」という美味しい洋食屋があったし
東大和には「フランス亭」があった。

洋食屋は街の熟成度のバロメーターではないかと思う。
区内に行けばキッチン~~や~~亭をすぐ探すことができるが
西部に来ると途端に少なくなる。

夫婦で記憶を検索していくと
「あった、国立谷保の末広亭だ」。
160819国立末広亭001_R
久し振りに訪問した「すえひろ亭」はメニューがきれいになっていた。
選びやすいが、アイテム数はこんなに少なかったっけ?
家内はハンバーグ&チキンカツを選んだ。

160819国立末広亭002_R
残念ながら、目玉焼きは乗っていないが・・・・。
しばらくすると美味しそうな料理が出てきた。
160819国立末広亭005_R
右に小さな黒い塊がハンバーグだ。
たっぷりなドミグラソースにコクが煮詰まっている。
旨そうに食べる彼女に
でも本当はガストのほうが好みだったのでないかと突っ込みたかったのだ。

さて、私は迷った挙句カツカレーに決定だ。
160819国立末広亭003_R
カツカレーのカツは薄い。衣は油を吸い込んでいる。
カツというより肉天のようだと思いつつ
カレーをかけると馬鹿に旨い。
伝統的な欧風カレーで、スパイシーさが特徴だ。
カレーの辛さは中辛より少し弱い程度だ。
爽やかなスパイシーの要因はチリではなく黒コショウの様に思えた。
160819国立末広亭004_R
カレーはたっぷりあるので、ご飯が足りなくなった。
では、家内のライスに黒く色塗りしてやろう。
格子に濃淡をつけられた自然光は
モノトーンなカレーライスを作りだした。
嬉しそうに食べている。

すえひろ亭は洋食屋ではなくレストランだ。
ゆっくり食事できるのに値段はリーズナブル。

大事なポジションを占めている。

2016年8月19日の訪問

以前の訪問記事はこちらから

食べログの情報はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。
  
Copyraight(c) 2016 himeharuzemi. All right reserved
.

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2016/08/22 09:21] | # [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://himeharuzemitama.blog.fc2.com/tb.php/1979-736bbe4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)