プロフィール

ひめはるぜみ(多摩)

Author:ひめはるぜみ(多摩)
故郷 多摩地区を中心に 食べ歩いたお店や料理を中心に描いています。最近のコンデジはレベルがあがり、写真の技術が伴わずピンボケ写真になっていますが、それも 愛嬌。ご容赦ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

多摩 我が愛しのお店②
東京多摩地区を中心に 楽しいお店・美味しいお店・あれっ?なお店を書いています。私の主観による感想で、情報提供をするサイトではありません。私の忘備録の日記です。
石垣島石垣牛焼き肉「きたうち牧場美崎町店」(2016年8月石垣島旅行その6)
160830石垣きたうち牧場001_R
石垣の繁華街を歩いていると、やたら「石垣牛」が目立っている。
「島」料理より多いのではなかろうか。
興味津々だった伝統的なヤギ料理店が多くない中、
単価が高そうな石垣牛がこれほど多いのは、観光地に特化した現象なのであろう。

「石垣牛を食べたいと思うのですが、どこか紹介できますか?」と
宿泊しているベルハーモニーのカウンターで従業員に聞くと、
「一つはマル、もう一つはきたうち牧場です」と自信にあふれた答えが返ってきた。

それで、直営店がやっているという「きたうち牧場」にやってきたのだ。
昨日、石垣島に来て以来観光客のための飲食店ばかり利用していたが
この店には地元の人の構成が高いように思えた。
160830石垣きたうち牧場002_R

160830石垣きたうち牧場003_R
メニューを見ると、普通の焼肉屋の値段だ。
金麦の生ジョッキ400円は地元の人のためのサービスメニューだろうと嬉しい。
娘がネットからカルビ半額券を探し出し
メニューの裏面にはサービスメニューがあった。
それからの追加メニューをすることにした。
160830石垣きたうち牧場004_R
カルビは980円だ。いわゆるブランド牛と違って、程よい脂分で食べやすい。
160830石垣きたうち牧場006_R
マースと書かれたセットメニューが非常に旨い。
特に真ん中の白い塩ホルモンの旨さは群を抜く。
ふわふわで、脂が甘いとはこういうことかとモツでわかったのだ。
160830石垣きたうち牧場007_R
これほどならば、他の肉も旨いはずだと
牛タン1200円(US)を試してみた。
160830石垣きたうち牧場008_R
こちらは普通で、わざわざ 石垣で注文する価値はなかった。
家内はアグー豚の切り落としがお気に入りだ。
160830石垣きたうち牧場010_R
美味しいと食べているが、私はさほど感激しなかった。
ホルモンを追加して、さらに肉を追加した。
160830石垣きたうち牧場015_R
金麦をたくさん飲んで
女性陣はご飯を食べて、〆て1万3000円位だ。

東京にはもっと美味しい店はたくさんあるし
沖縄本島にもたくさんあるだろう。

しかし、私の家族はこれで大満足だ。
大衆焼き肉店でたくさん食べて、たくさん飲んで楽しく過ごせた。
地元の人が来る店で時間を過ごすことは旅行の醍醐味なのだ。

2016年8月30日 夜の訪問

食べログの情報はこちらから


このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。
 

Copyraight(c) 2016  himeharuzemi. All right reserved.

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://himeharuzemitama.blog.fc2.com/tb.php/1996-b36fc0a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)