プロフィール

ひめはるぜみ(多摩)

Author:ひめはるぜみ(多摩)
故郷 多摩地区を中心に 食べ歩いたお店や料理を中心に描いています。最近のコンデジはレベルがあがり、写真の技術が伴わずピンボケ写真になっていますが、それも 愛嬌。ご容赦ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

多摩 我が愛しのお店②
東京多摩地区を中心に 楽しいお店・美味しいお店・あれっ?なお店を書いています。私の主観による感想で、情報提供をするサイトではありません。私の忘備録の日記です。
立川昭和記念公園北「満北亭」塩ラーメンと野菜餃子
 「暑さ寒さも彼岸まで」と昔から言っており、
彼岸になればカメラでピントが合わせづらい先端が美しい花、
彼岸花がちゃんと田んぼの畔を彩り
季節はちゃんと帳尻を合わせるものだった。

しかし、数年前から叫ばれていた地球温暖化はますます歯車を乱し始めたと思える。
10月になっても強い台風が猛威を振るい
私のシャツは以前半そでのほうが比率が高い。
161003立川満北亭001_R
やっと気温が低くなった10月
ラーメンを食べたくなり、昭和記念公園近くの満北亭に出向いたのだ。
満北亭は多摩にたくさんあり、私が昼飯を食べる範囲にもいくつかある。
美味しいラーメンと餃子で多摩地区のソールフードの1つだと思っており
中でもこの店は、いつも安定して美味しいと考えている。
161003立川満北亭002_R
安いほうの塩ラーメン「元祖塩バターラーメン580円」に
いつもと違って「野菜餃子3個250円」を付けて
偶然空いたテーブルに腰を掛けて待った。
161003立川満北亭003_R
昔は、塩も味噌も500円で餃子は6個で400円だった記憶があるが
物価上昇のせい、人件費アップのせいで
値段はじりじり上がっている。
総理は頑張っているが、生活の豊かさのアップを感じることができるのは、
ほんの一部の人でしかないんだろうと思う次第だ。
161003立川満北亭004_R
さて、麺を食べ始めると、
「こんな麺だっただろうか」と同僚にも尋ねた。
ぼそっとした麺で小麦の風味が少なく感じた。
「いや、そんなことはない。いつもと同じ麺だよ」と言われるが???
私の記憶に混乱があるのか、体調がすぐれないのだろうと納得して
野菜餃子を食べる。
161003立川満北亭006_R
生姜が利いて野菜の出汁をピリリと引き締めている。
こちらは十分に美味しい。(ただし、私の好みは肉餃子なのだ 笑)

やはりマンギョの餃子は裏切らないなぁ。
みんな大好き 多摩の味なのだ。

2016年10月3日のランチタイム

以前の訪問記事はこちらから

食べログの情報はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。
  
Copyraight(c) 2016 himeharuzemi. All right reserved.


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://himeharuzemitama.blog.fc2.com/tb.php/2020-43a08063
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)