プロフィール

ひめはるぜみ(多摩)

Author:ひめはるぜみ(多摩)
故郷 多摩地区を中心に 食べ歩いたお店や料理を中心に描いています。最近のコンデジはレベルがあがり、写真の技術が伴わずピンボケ写真になっていますが、それも 愛嬌。ご容赦ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

多摩 我が愛しのお店②
東京多摩地区を中心に 楽しいお店・美味しいお店・あれっ?なお店を書いています。私の主観による感想で、情報提供をするサイトではありません。私の忘備録の日記です。
東村山「手打ちうどんこげら」忙しっつ。
 この一週間、なるべく穀物をとらない食生活をしている。
理由は一つだ。
だが、営業の会社員となればどうしても昼は外食となり
穀物抜きは無理に等しい。
どうせ食べるなら美味しいものを食べたいと、僻地の手打ちうどん「こげら」にやってきた。
161014東村山こげら001_R
僻地の讃岐うどん屋の店主は「ひまっつ」とツイッターでつぶやいているが、
一人ですべてやっているものだから、数人入てくるだけで
「パニックになる」という。
注文を聞いてから、うどんをゆで、天ぷらを揚げる。2~3人の組が2つも同時に入ると
フル回転だ。
この店には少人数できれば一人で行くほうがいいのだ。
161014東村山こげら003_R
ランチタイムは本当はこげらセット500円がお得なのだが
穀物を少なくしている私にはTKGは負担が多い。
我慢して あつあつのかけ並み、げそ天、れんこん天を選び
つまみの様に先に天ぷらを食べていく。
161014東村山こげら005_R
天ぷらを食べているうちにうどんができてくる
スープを飲むとしょっぱさと苦みを感じた
私の味覚が変わったのか、調子が悪いのか?
まわりのお客さんたちは旨そうに食べているのに不思議なもんだ。
天ぷらの衣までしょっぱく感じるから
私の味覚が変わってきたんだろうと、自分の中で納得した。

さてうどんは太くて硬めだ。
もりもり食べていく。

これで合計500円。安すぎると思いませんか


2016年10月14日のランチタイムの訪問

以前の訪問記事はこちらから

食べログの情報はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。
  
Copyraight(c) 2016 himeharuzemi. All right reserved.

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://himeharuzemitama.blog.fc2.com/tb.php/2024-f85b5d50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)