プロフィール

ひめはるぜみ(多摩)

Author:ひめはるぜみ(多摩)
故郷 多摩地区を中心に 食べ歩いたお店や料理を中心に描いています。最近のコンデジはレベルがあがり、写真の技術が伴わずピンボケ写真になっていますが、それも 愛嬌。ご容赦ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

多摩 我が愛しのお店②
東京多摩地区を中心に 楽しいお店・美味しいお店・あれっ?なお店を書いています。私の主観による感想で、情報提供をするサイトではありません。私の忘備録の日記です。
立川「横田酒場」再来
 161026立川横田酒場001_R
「家に帰っても晩飯はないんだろう」と、仕事帰りに先輩が声をかけてきた。
彼は私の家庭事情を知っていてくれての提案だった。
「それならば、先日行った横田酒場にしましょうか」
私は喜んで答えるのだ。

立川南口のウインズの裏の細い道に入り
161026立川横田酒場003_R
サッポロ赤星飲み始めるのが、2人の共通意識だ。
つまみは、モツの煮込み(ごった煮300円)・ガツねぎ(380円)とデープさと
ポテトサラダ(380円)という定番の混ぜこぜだ。
161026立川横田酒場002_R

161026立川横田酒場006_R

161026立川横田酒場004_R

さて、酒を飲もうとリストを見る。
まずは1杯500円~600円の酒から行こうか。
161026立川横田酒場007_R
ばくれんを飲み、豊香を飲むと、私の好きな味の酒ばかりだと気が付いた。
骨格が強いのにさらっとして飲みやすい。
香りが良い酒ばかりだ。

誰の趣味だ?
どこから仕入れているのか?

そんなことを考えたながら 900円の酒を飲もうとしたら
店の女性スタッフが
「これ開けていないので注文してもらえませんか?私も少し試したいのです」と、
言ってきた。
この若い女性は日本酒が好きになったらしい。

持ってきたのは七笑純米だ。
旨いな!七笑もこんな酒を出していたのかと驚く。
でも一杯900円では飲み続けられない。
再び、ばくれんにして、すっかり酔った。

あぁ、最高。
先輩、大好きだぜ。

注 酒の仕入れ先は小山商店だった。

2026年10月26日の訪問

以前の訪問記事(1)


以前の訪問記事(2)

食べログの情報はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。
  
Copyraight(c) 2016 himeharuzemi. All right reserved.

テーマ:居酒屋巡り - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://himeharuzemitama.blog.fc2.com/tb.php/2029-d6c37148
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)