プロフィール

ひめはるぜみ(多摩)

Author:ひめはるぜみ(多摩)
故郷 多摩地区を中心に 食べ歩いたお店や料理を中心に描いています。最近のコンデジはレベルがあがり、写真の技術が伴わずピンボケ写真になっていますが、それも 愛嬌。ご容赦ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

多摩 我が愛しのお店②
東京多摩地区を中心に 楽しいお店・美味しいお店・あれっ?なお店を書いています。私の主観による感想で、情報提供をするサイトではありません。私の忘備録の日記です。
国立 手打ち蕎麦「志奈乃」きのこおろしそば950円
  161106国立志奈乃007_R
国立の手打ち蕎麦屋「志奈乃」は地元で愛されている店だ。
手ごろな値段に量がたっぷりあって、しかも
出前までしている。

161106国立志奈乃006_R
今日は少し贅沢をして、私がきのこおろしそば950円を選ぶと
家内はカレー南蛮850円を選んだ。
161106国立志奈乃001_R
たっぷりのきのこにゆずが散らされたおろし。
三つ葉が香りを添える。
食べ出せば、蕎麦は熱にあたり、ほろりと溶け出していく。
香りも」舌触りもよい美味しい蕎麦だ。

家内は、カレー汁がたっぷりで苦戦している。
161106国立志奈乃003_R
志奈乃のカレー南蛮は、豚肉とたまねぎが特徴だ。
熱々のカレー汁に、蕎麦を探すと、
161106国立志奈乃005_R
見た目には、だらしないが
身体がどんどん温まってくる。

先日食べた小平の「佳蕎庵」のカレー南蛮1180円は素晴らしくおいしかった。
と、家内は言う。
佳蕎庵は遠くからきても満足させる力がある店だ。
比べて、「志奈乃」のカレー南蛮は850円だ。
近くで出前してくれる蕎麦屋として、十分にCPが高いと
私は思っている。

今日、初めてきのこを食べた。
きのこ類は水煮のようで、出汁はあまり出ていなかったように思った。
他のメニューの方が好きだと思った私だった。

2016年11月6日 昼の訪問

以前の訪問記事はこちらから

食べログの情報はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。
  
Copyraight(c) 2016 himeharuzemi. All right reserved.



テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://himeharuzemitama.blog.fc2.com/tb.php/2036-10859c85
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)