プロフィール

ひめはるぜみ(多摩)

Author:ひめはるぜみ(多摩)
故郷 多摩地区を中心に 食べ歩いたお店や料理を中心に描いています。最近のコンデジはレベルがあがり、写真の技術が伴わずピンボケ写真になっていますが、それも 愛嬌。ご容赦ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

多摩 我が愛しのお店②
東京多摩地区を中心に 楽しいお店・美味しいお店・あれっ?なお店を書いています。私の主観による感想で、情報提供をするサイトではありません。私の忘備録の日記です。
青梅 安田奈津紀氏のギャラリートークと石焼窯パン「サンメリー」
 161218青梅安田奈津紀氏と石窯焼きパンサンメリー001_R
青梅市美術館で安田奈津紀氏のギャラリートークが催される。
SNSで情報が出ていたので、話を伺いに行くことにした。
彼女は、TBSのサンデーモーニングやラジオ番組を持っている
若手のフォトジャーナリストである。
わかりやすい話と何よりも自分の体験からくる説得力で人気が出ている。
161218青梅安田奈津紀氏と石窯焼きパンサンメリー004_R

「今日もアレッポで悲しい事件が起こっています」

そうだ、アレッポはシリアの最重要都市で
アサド政権と加担するロシア軍が制圧を高めているのだ。
「味方以外は・・・・」という思惑が透けて見える戦闘で
多くの非戦闘員が殺されている。
もう抵抗力がない日本へ
原爆を落とした側と結びつくような人間の深い残虐性を感じるのである。
161218青梅安田奈津紀氏と石窯焼きパンサンメリー005_R
芸能人が不倫をしたとか薬をやっているのにお茶でごまかしたとか
そんなことで視聴率を稼いでいるマスコミに
たまにはきちんと正しい情報を出してほしいと思うのは
世間の常識知らずの親父の独り言なのだ。
161218kihu安田奈津紀氏と石窯焼きパンサンメリー001_R
2011年3月にアサド圧政に立ち向かったアラブの春に
欧米が利を得るために自由シリア軍を後押しし
アルカイダ系が入り、最後にロシアがアサド側に入った。
何故?どうして?どうなっているのか?
 池上さんにわかりやすく解説してもらいたいものだ。

わずかな、形ばかりの寄付をして、帰りにパン屋によることにした。
パン屋は青梅といっても羽村といってもよさそうな場所にある。
161218青梅安田奈津紀氏と石窯焼きパンサンメリー002_R
スペイン窯だそうだ。
本格的な硬いパンばかりだと、歯が弱ってきている私にはつらいと
恐る恐る中に入ると、決してそのようなことはない。
161218青梅安田奈津紀氏と石窯焼きパンサンメリー007_R

161218青梅安田奈津紀氏と石窯焼きパンサンメリー006_R



161218青梅安田奈津紀氏と石窯焼きパンサンメリー010_R

161218青梅安田奈津紀氏と石窯焼きパンサンメリー009_R
本格的パンもあるが、普通のパン屋にある調理パンも沢山ある。
客層を絞らないやり方だ。
あえて、本格的なものに特化するより
地域の購買力を根こそぎとってやろうとする作戦だ。

お客さんが沢山いるのは当然のことだ。

シリアの悲しい出来事を聞き涙腺からあふれた涙をふきながら
腹が減ってはパンを買っている。
本当に日本に生まれてよかった。
平和ボケと言われようと、平和なことは大変幸せなことなのだ。

2016年12月18日 青梅市美術館とサンメリー訪問

食べログの情報はこちらから

公式サイトはこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。
  
Copyraight(c) 2016 himeharuzemi. All right reserved.


テーマ:手作りパン - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://himeharuzemitama.blog.fc2.com/tb.php/2057-aaecefe6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)