プロフィール

ひめはるぜみ(多摩)

Author:ひめはるぜみ(多摩)
故郷 多摩地区を中心に 食べ歩いたお店や料理を中心に描いています。最近のコンデジはレベルがあがり、写真の技術が伴わずピンボケ写真になっていますが、それも 愛嬌。ご容赦ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

多摩 我が愛しのお店②
東京多摩地区を中心に 楽しいお店・美味しいお店・あれっ?なお店を書いています。私の主観による感想で、情報提供をするサイトではありません。私の忘備録の日記です。
府中本町「いつみ屋」激うま 玉子入りわんたんめん850円
 170120府中いつみ屋004_R
こんなに旨いワンタンメンを食べたことがあっただろうか。
もちろん美味しい店はたくさんある。
私の同僚は立川の喜奴屋が一番だという。
他にもお気に入りの店が、人それぞれにあるだろう。
170120府中いつみ屋001_R
以前から「いつみ屋」の評判は聞いていたが
席数は少ないので、並ぶのは御免と遠慮していた。
今日は寒い。少しばかり雪が舞った。
おいしいワンタンメンで身体を温めたいと初「いつみ屋」を果たしたのだ。
170120府中いつみ屋002_R
訪問したのは13時過ぎだ。煮干しの匂いが漂っている。
お客の回転が速いので、表で待つこと約10分で済んだ。
身体がすっかり冷えてしまったが、店内は暖かい。
入るなり「わんたんめん 玉子入り」と注文した。
170120府中いつみ屋003_R
具だくさんでご馳走だ。
チャーシューの厚さ、メンマの量、奥にはわんたん。
つやつやの玉子。
一口スープをすすれば、最初煮干しの味を強く感じるが
次第に舌が慣れてくると、煮干しだったことを忘れてくる。
あの独特な苦みやえぐみが感じられないのだ。
170120府中いつみ屋005_R
麺は、このスープにあっている。東京ラーメン風の麺である。
わんたんは評判通りの旨さだ。
しっかりしたアンに、しっかり味が付いている。
170120府中いつみ屋006_R
しかし、それにまして、この玉子の旨さは何だろう。
煮玉子を自慢の一品とする店はたくさんあるが
それは、調理の技のおいしさなのだ。
対して「いつみ屋」の煮玉子の黄身の甘さは圧倒的だから
「どこの 誰の卵?」と聞きたくなる。
170120府中いつみ屋008_R
チャーシューを食べて、これも納得。
どのパーツを食べても、それぞれが美味しくて
全体の中で目立ちすぎることなく、調和している。

大したもんだ。
最後に残ったスープと浮かしネギを味わいながら
直ぐに再来するぞ!と思うのだった。

2017年1月20日昼の訪問
食べログの情報はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。
  
Copyraight(c) 2017 himeharuzemi. All right reserved.

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://himeharuzemitama.blog.fc2.com/tb.php/2075-5fd9159f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)