プロフィール

ひめはるぜみ(多摩)

Author:ひめはるぜみ(多摩)
故郷 多摩地区を中心に 食べ歩いたお店や料理を中心に描いています。最近のコンデジはレベルがあがり、写真の技術が伴わずピンボケ写真になっていますが、それも 愛嬌。ご容赦ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

多摩 我が愛しのお店②
東京多摩地区を中心に 楽しいお店・美味しいお店・あれっ?なお店を書いています。私の主観による感想で、情報提供をするサイトではありません。私の忘備録の日記です。
多摩市聖跡桜が丘「モツの平澤商店」もつ鍋用
 170120多摩平沢002_R
多摩市聖跡桜が丘に昔からある「平澤商店」の住所は一ノ宮である。
店の後ろ側にある京王電鉄の線路を渡れば
「小野神社」が近い。
小野神社が一宮であることを知っている人は地元でも多くない。
多摩地区を代表する神社「大国魂神社」の繁栄が圧倒的なのと
二駅ばかり西にある「高幡不動」が有名すぎるせいであろう。
170120多摩平沢001_R
さて、大きいバス通りに面した「平澤商店」で、
昔、牛レバーを刺身で売って良い時代はよく購入していたものだ。
また焼肉やモツにも最適な牛の部位を売っている店として
「知っている人は知っている」店なのだ。
170120多摩平沢004_R

170120多摩平沢003_R
特に鮮度が良い内臓肉は最高だ。
以前のモツ鍋用には、モツ並があって薄めにスライスしてあったが
久し振りに訪れてみると、焼肉にちょうど良い一口サイズになっていた。
170120多摩平沢005_R
キャベツとニラとスライスしたニンニクをたっぷり入れて、
唐辛子の輪切りを加えて、グツグツ煮れば
小腸の脂が柔らかくなり、とろとろになってたまらない旨さだ。
幼いころ大好きだった、すき焼きの脂身の再来だ。

ところで、キャベツとニラ
スーパーで買うと形は立派だが全然美味しくないのは何故だろう。
日本の農業がおかしいと思うが、この時期に望むこと自体無理があるのだろうか。

2017年1月20日の訪問

公式サイトはこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。
  
Copyraight(c) 2017 himeharuzemi. All right reserved.


テーマ:焼肉 - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://himeharuzemitama.blog.fc2.com/tb.php/2076-60ad31bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)