プロフィール

ひめはるぜみ(多摩)

Author:ひめはるぜみ(多摩)
故郷 多摩地区を中心に 食べ歩いたお店や料理を中心に描いています。最近のコンデジはレベルがあがり、写真の技術が伴わずピンボケ写真になっていますが、それも 愛嬌。ご容赦ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

多摩 我が愛しのお店②
東京多摩地区を中心に 楽しいお店・美味しいお店・あれっ?なお店を書いています。私の主観による感想で、情報提供をするサイトではありません。私の忘備録の日記です。
八王子絹ヶ丘「山本鮮魚店」刺身2000円分
 今日は実家の母の介護計画の打ち合わせで、
関係者が新しいケアマネージャーの招集でみんな集まった。

前のケアマネージャーはどうしたのか。
父の面倒をお願いしていたが、
タイミングタイミングで適切な提案をしてくれなかったと感じ、
父を病院に入れて父の担当が病院の相談係に変わったのを機会に
母親の方もなんだかんだ理由付けをして変わってもらったのだ。
彼はソフトなタイプで評判はいいのですよと以前市役所の係が私に説明したが
ソフトで良い場合と良くない場合がある。
父がベッドから落ちて歩けなくなっても「病院には行きたくない」と
父本人が反対するものだから、それに従って約一週間畳で寝て暮らさせていた。
ある時、訪問看護の契約に来た看護師がその状態を見て
「自宅で面倒を見るのは無理」だと強く私たちに入院を勧めた。
入院先の選定や紹介状の手配をずいずい行い、
また、当時のケアマネージャーに、この3か月父の症状が悪化してきる状況に対して
「ケアプランはどうなっていたのか」と問い詰めたが
彼は何も返すことがなかった。

父親を無理やり病院に入れた。
自宅で倒れてしばらくは自分で工夫して排便していたのに
今ではベッドに括り付けられて、紙おむつの世話になり
同時に急激にボケが進んでしまった。

家族はあと6か月前に手を打っていたら、病院で体を拘束されることなしに
一般の介護センターでの暮らしができたのでないだろうかと
悔しい思いとやるせない思いをぶつける先を彼に求めてしまうのだ。
母にはそれを防ぎたいし、万が一、両親でそのような状況になれば、
子供の私たちがその負担に耐えられないであろう。

今度のケアマネージャーは信頼に足る介護関係者を通じ
いろいろな候補の中から選びに選んだ方だ。
すぐさま情報を取り状況を理解して、関係者の共有を図り
1か月の間にケアプランの方向付けをして
実行に移したのだ。
介護の世界にも力がある人がいるんだと感心させられた。

さて、前置きが非常に長くなったが
介護の打ち合わせをすると、やはり疲れる。
「今晩は刺身でも食べようよ」と提案すると家内は二つ返事で了解した。
170128八王子山本鮮魚店002R
山本鮮魚店は北陸の美味しい魚を出す店だ。
あらかじめ電話で予約していくのが賢いやり方だ。
「もっと早く電話をもらえれば、もっといいものがあったんですよ」と
従業員はいうが、私にはこれでも十分だ。

二人前で2000円の注文だ。
マトウダイは身が厚く甘みがある。
柳カレイは、干し魚や焼きで食べるのが美味しくて大好きな魚だが
刺身で食べられるとは初めての経験だ。
えんがわにも干物と同じ独特な風味がある。
170128八王子山本鮮魚店003R
天然ぶりの脂は細やかで美しい。
日頃スーパーで買ってくる鰤やワラサとは全くの別物だ。
北陸の人々が鰤をあがめまつること、よくわかった。

2017年1月28日の訪問

以前の訪問記事はこちらから

公式サイト(フェースブック)はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。
  
Copyraight(c) 2017 himeharuzemi. All right reserved.


テーマ:料理日記 - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://himeharuzemitama.blog.fc2.com/tb.php/2081-ba95c5f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)