プロフィール

ひめはるぜみ(多摩)

Author:ひめはるぜみ(多摩)
故郷 多摩地区を中心に 食べ歩いたお店や料理を中心に描いています。最近のコンデジはレベルがあがり、写真の技術が伴わずピンボケ写真になっていますが、それも 愛嬌。ご容赦ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

多摩 我が愛しのお店②
東京多摩地区を中心に 楽しいお店・美味しいお店・あれっ?なお店を書いています。私の主観による感想で、情報提供をするサイトではありません。私の忘備録の日記です。
小平「佳蕎庵」でランチ(タイカレー)セット
 去年12月に入院した父親は、環境が変わったせいか
急激に痴呆症が進んだように思える。
実家で一人で住む母親は、バランスが崩れて
気持ちが不安定になっている。
親の面倒を見るのは当然だと頑張ってきたが
私と妻は正月の追突事故で受けたむち打ちで病院通いとなって
時間のやりくりに負担が来ていた。

「たまには美味しいものを食べたいわね」と彼女は言う。
結構旨いものを食べさせてきたと思っていたが、
必要なのは気分転換だろうと「小平 佳蕎庵」に連れてきた。
1702010小平佳蕎庵001R
今日はランチにしましょう。
タイカレーを昨日作っていたのはSNSで見ていたから
カレー好きの彼女は最初から狙ってきたのだ。
1702010小平佳蕎庵002R
「佳蕎庵」のカレーが非常に旨いことは
馴染みの客ならだれもが知っている。
牛筋カレーやエスニック風カレーのおいしさは
専門店に並ぶほどだ。
1702010小平佳蕎庵004R
タイ風カレーは色目は悪いがスパイシーさと蕎麦屋ならではの出汁が
加わり大変旨そうだ。
「もち麦のごはんがいい感じ。食べたほうがいいわよ」
と、妻が強く勧めるものだから1口食べて、
「スパイスの宝石箱や~」と叫ぶのだった。
1702010小平佳蕎庵007R
もちろん、佳蕎庵は蕎麦屋であるから
かけそばもいつもの通り旨い。
かけそばというのはシンプルだけに汁と蕎麦だけで評価が決まってしまう。
透き通った汁に出汁が香り、手打ちそばの甘さが加わってくる。

「佳蕎庵」は「わざわざ来る」蕎麦屋なのだ。
1702010小平佳蕎庵006R
最後に大好物のもずくをあっという間に平らげた妻はすっかり満足した。
それを見た私も嬉しい。
いろいろ大変なことは続いていくが
年寄り夫婦2人で頑張っていこうね。

2017年2月10日ランチタイム
妻のタイカレーランチ980円也

過去の訪問記事はこちらから

食べログの情報はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。
  
Copyraight(c) 2017 himeharuzemi. All right reserved.


テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://himeharuzemitama.blog.fc2.com/tb.php/2090-b4a3e402
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)