プロフィール

ひめはるぜみ(多摩)

Author:ひめはるぜみ(多摩)
故郷 多摩地区を中心に 食べ歩いたお店や料理を中心に描いています。最近のコンデジはレベルがあがり、写真の技術が伴わずピンボケ写真になっていますが、それも 愛嬌。ご容赦ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

多摩 我が愛しのお店②
東京多摩地区を中心に 楽しいお店・美味しいお店・あれっ?なお店を書いています。私の主観による感想で、情報提供をするサイトではありません。私の忘備録の日記です。
花小金井「蕎麦 清川」豚肉が厚いかつ丼
170321花小金井清川001R
 小平市西武線花小金井駅付近で昼時の飲食店をローラー作戦で訪問している。
今日は先日満員で入れなかった蕎麦屋「清川」に訪問した。
表からのぞくと、1間ほどの間口の小さな店に見えたが、
実際中はテーブルが複数置かれる意外に広い店でかつ綺麗な店だったのだ。
170321花小金井清川008R
ライトの色がオレンジが強く、iPhone6での映りは
オレンジや黄色に偏って見えている。
この色は、実際の私が感じた色とほとんど同じであるから
iPhoneのカメラ機能の実力に恐れ入ってしまうのだ。
170321花小金井清川003R

170321花小金井清川002R
さて、初めての店なので私の性としては
冷たい蕎麦「もり」や「おろし」あたりを食べるのであるが
今日も腹が減っている。
やっぱり、かつ丼860円に決定した。
170321花小金井清川004R
ところでメニューの中に小平らしいアイテムを発見した。
「糧うどん」と「武蔵野セット」である。
次回はこれにしよう。
「清川」のメニュー表はよくできていて、アイテムの横に一言コメントが入っている。
さらに、細かい字ながら
「*当店では、そばとうどんを別々の専用窯で茹でております」が表記されている。
メニュー表一つで店の実力がわかる。
170321花小金井清川005R
照明がオレンジに寄っているとはいえ、かつ丼自体も相当オレンジに見える。
私が知っている「かつ煮」が乗っているかつ丼とは少々趣を異にしている。
170321花小金井清川006R
たまごをまぶしたような出来上がりで、
出汁入り玉子煮のようである。
私が好きなとろとろ玉子に包まれたかつ丼とは反対側にある。
170321花小金井清川007R
肉はしっかりしている。厚さは十分あるし、衣と汁の沁み方も好きだ。
しかし、いつものかつ丼と少々違う。
このタイプのかつ丼は初めて食べたので、頭は戸惑っている。
しかし腹は正直だ。たっぷり目のご飯も
漬物バリバリ食べながら、ぺろりと平らげた。

食べ終わって一息つくと、隣の席の天ざるも気になった。
旨そうなのだ。
次回は、武蔵野セットにしようか、それとも天ざるにしようか。
迷っている。

2017年3月22日、寒い雨の日のランチタイム。

食べログの情報はこちらから
新青梅街道にある「清川」はこちらの暖簾分けだそうだ。
公式サイトより

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。
  
Copyraight(c) 2017 himeharuzemi. All right reserved.

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://himeharuzemitama.blog.fc2.com/tb.php/2122-2e7f28f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)