プロフィール

ひめはるぜみ(多摩)

Author:ひめはるぜみ(多摩)
故郷 多摩地区を中心に 食べ歩いたお店や料理を中心に描いています。最近のコンデジはレベルがあがり、写真の技術が伴わずピンボケ写真になっていますが、それも 愛嬌。ご容赦ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

多摩 我が愛しのお店②
東京多摩地区を中心に 楽しいお店・美味しいお店・あれっ?なお店を書いています。私の主観による感想で、情報提供をするサイトではありません。私の忘備録の日記です。
高幡不動 「三河屋」(3)の豆腐は最高

Dsc06733



































































豆腐好きの私はいろんなところで地元の豆腐屋を見つけるとすぐに木綿豆腐と絹揚げを買ってくる。たまにはご主人が勧める特選絹や汲み豆腐も食べる。おいしい地元の豆腐屋は大好きだが、中でも高幡不動の三河屋の木綿豆腐は特に気に入っている。



三河屋を教えてくれたのは、今は閉店してしまった国立矢川の手打そばの「素朴庵」だった。豆乳の甘さが出ている豆腐は蘊蓄がある値段が高い豆腐だろう。「いえ、普通の木綿よ」と、奥さんがカラカラ笑った。それ以来、我家の一番のお気に入りの豆腐屋は三河屋になったのだ。



Dsc06734 Dsc06731

























三河屋には名物親父がいる。年月が刻み込まれている立派な面構えをしている。本当は職人肌のきびしい親父なのだろうと思う。しかし、お客さんと話すと茶目っけがある笑顔が出てくる。長い闘病後に亡くなった義母に「私も病気をしたんですよ」っと古くからの友人のように接してくれた。義母はところてんが大好きだった。握力はなくなっていた義母の手に、自分の手を添えて一緒についてくれた優しさに涙が出るほど喜んだ。




Dsc06732_2















































さて、三河屋の木綿豆腐の以外にも美味しいものがたくさんある。



ガラスケースに入っている「あげ」やおからドーナッツだ。



Dsc06736楽しいものがたくさんあるから、ついつい買いすぎて1000円を越してしまう。



親父さんの「いつもありがとう」の声を聞くたび、食が細くなった義母が、美味しそうにところてんをつるつると飲み込んでいる姿を思い出す。



2013年6月27日の訪問。



間もなく新盆がやってくる。準備を始めよう。









公式サイト:http://www.mikawaya12.com/



以前の訪問記事:http://himeraruzemi.blog.ocn.ne.jp/tama/2009/07/post_e03e.html





サイトの写真の著作権は 執筆者ひめはるぜみにあり、他のサイトの転用は一切禁じます。  



Copyright(C) 2013himeharuzemi. All rights reserved.

コメント
No title
「つれずれ」さんのブログでこのお豆腐屋さんを知ってから、家族で多摩動物園や高幡不動に行ったときは、ほぼ、「三河屋」さんでお豆腐や厚揚げを購入。店先の無料のオカラをもらって帰りました。でも「三河屋」さんって、名前の由来は何なんでしょうかね。興味が沸きました。
[2013/06/30 20:06] URL | コバヤシ #79D/WHSg [ 編集 ]

No title
>コバヤシさん
美味しいですよね。yukaさんの一押しのお店です。
[2013/07/02 06:13] URL | ひめはるぜみ #79D/WHSg [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://himeharuzemitama.blog.fc2.com/tb.php/213-2a417391
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)