プロフィール

ひめはるぜみ(多摩)

Author:ひめはるぜみ(多摩)
故郷 多摩地区を中心に 食べ歩いたお店や料理を中心に描いています。最近のコンデジはレベルがあがり、写真の技術が伴わずピンボケ写真になっていますが、それも 愛嬌。ご容赦ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

多摩 我が愛しのお店②
東京多摩地区を中心に 楽しいお店・美味しいお店・あれっ?なお店を書いています。私の主観による感想で、情報提供をするサイトではありません。私の忘備録の日記です。
葛飾区青戸 蕎麦屋「京屋」出前のカレー丼が旨い
  葛飾区青戸で食べ物屋を探しているうちに、住宅街を走り回る出前のバイクを見かけた。
何処に帰るのかとバイクの先を見ると蕎麦屋「京屋」があった。
早速、出前表をもらおうと、ご主人と話すと
かすかな茨城(北関東?)の訛りがある。
「茨城ですか?」と問うと「千葉だ」と答えた。
「千葉のどこですか?」繰り返して問うと「関宿だ」と答えた。
要するに「ちばらぎ」だった。
170429葛飾京屋001R
そんなことですっかり打ち解けて、出前を取ることを約束してた。
さて、子供の家族と出前表を見ると・・・安い。
1000円以上のアイテムがほとんどない。
と、いうことで私はカレー丼セット900円に決めた。

比較的早く出前がバイクの音とともにやってきた。
「そのバイクならさっき見たよ」と子供が言う。
さては、出前の帰りにでも下見に来たのであろう。
170429葛飾京屋002R
カレー丼セットは、セットもの専用の器に入っている。
玉ねぎがたくさん入ったカレー丼と、仕入れで押し出しの機械を使ったような蕎麦だ。
カレーは、蕎麦屋の独特なとろみと醤油出汁とスパイスが妙に懐かしい味になっている。
つまり、私の大好きな味だなのだ。
また、市販の蕎麦屋の和風カレーの素を使うとちょうどこんな感じに仕上がるから、
大手メーカーの商品開発力はすごいものだ。

蕎麦は、出前をする蕎麦屋としてはこんなものだ。
もう少し蕎麦粉の配分を増やしてほしいのだが、何しろベースのもりは450円という安さだ。
要望をいうとバチが当たるというものだ。

さて、隣の席で食べているのは「てんとじ丼セット1000円」温かい蕎麦で狸だ。
きっと旨いだろうと写真を撮らせてもらった。
170429葛飾京屋003R
器をとりに来たご主人に「単品の方がセットより量が多い」ことを聞き出すと、
やっぱり次回は、カレー丼の単品650円とたぬきそばの単品500円を注文しようと考えるのだ。
合わせて1150円だ。ただ、食べきれるかどうかそれは不明だ。

今日の出前から推測したことは
「京屋」は 冷やしより種物の温かいほうがおすすめ。
蕎麦よりも丼ものがおすすめ。ということだった。

2017年4月29日 子供家族の引っ越しの日の出前

食べログの情報はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。
  
Copyraight(c) 2017 himeharuzemi. All right reserved.


テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://himeharuzemitama.blog.fc2.com/tb.php/2146-5850e199
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)