プロフィール

ひめはるぜみ(多摩)

Author:ひめはるぜみ(多摩)
故郷 多摩地区を中心に 食べ歩いたお店や料理を中心に描いています。最近のコンデジはレベルがあがり、写真の技術が伴わずピンボケ写真になっていますが、それも 愛嬌。ご容赦ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

多摩 我が愛しのお店②
東京多摩地区を中心に 楽しいお店・美味しいお店・あれっ?なお店を書いています。私の主観による感想で、情報提供をするサイトではありません。私の忘備録の日記です。
多摩市聖蹟桜ヶ丘駅ガード下「赤尾飯店」
 170605聖蹟桜ヶ丘赤尾飯店001R
京王線聖蹟桜ヶ丘駅のガード下の飲食店街に
赤尾飯店がある。
ガード下といってもしっかりした構造になっており
立派な通りになっている。
昔からの店もいまだ健在だ。
1つは「赤尾飯店」、他には「旭寿司」と「C&Cカレー」だ
今日の気分は中華だから「赤尾飯店」に入った。
久し振りの赤尾飯店は数年前と比べて雰囲気が変わっていた。
代替わりしたのか?
席に着くと先にお代をカウンターに払いに行くシステムは
いつから導入されたのだろう。
170605聖蹟桜ヶ丘赤尾飯店002R

170605聖蹟桜ヶ丘赤尾飯店009R
メニューに大きな差は内容だ。
腹が減っては戦はできずと、「半エビ丼と半ラーメン910円」をラーメン変更で注文。
半ラーメンが普通ラーメンとなるサービスだ。
170605聖蹟桜ヶ丘赤尾飯店004R
エビ丼は海老中華丼のようだ。
塩味が特徴だが、どうしてわざわざエビ丼というのか不明。
170605聖蹟桜ヶ丘赤尾飯店005R
ラーメンは、醤油が濃い。
その醤油よりも豚の出汁がモアモアと漂う。
豚の出汁と油が結構強烈だ。
念のため以前の訪問記事を読み返すと、スープの組み立てが変わったようだ。
ここに普通のストレートな麺が入ると
昔ながらの中華そばが出来上がるのだ。
170605聖蹟桜ヶ丘赤尾飯店007R
なお、家内が食べている「タンメン」は塩味がいい感じで出ている。
野菜の出汁が加わり食べやすい一品だ。
170605聖蹟桜ヶ丘赤尾飯店003R
飲食店のブログを書いていて面白く思うことは、
前の訪問時との間違い探しだ。
改めて読み返してみよう。
170605聖蹟桜ヶ丘赤尾飯店008R

2017年6月5日の訪問

以前の訪問記事はこちらから

食べログの情報はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。
  
Copyraight(c) 2017 himeharuzemi. All right reserved

テーマ:中華 - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://himeharuzemitama.blog.fc2.com/tb.php/2173-afe05083
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)