プロフィール

ひめはるぜみ(多摩)

Author:ひめはるぜみ(多摩)
故郷 多摩地区を中心に 食べ歩いたお店や料理を中心に描いています。最近のコンデジはレベルがあがり、写真の技術が伴わずピンボケ写真になっていますが、それも 愛嬌。ご容赦ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

多摩 我が愛しのお店②
東京多摩地区を中心に 楽しいお店・美味しいお店・あれっ?なお店を書いています。私の主観による感想で、情報提供をするサイトではありません。私の忘備録の日記です。
国立市」谷保 「蕎麦のきょうや」が和定食屋「きょうや食堂」をだしていた
 170606国立きょうや001R
国立市谷保の商店街の中に美味しい蕎麦を出す店がある。「きょうや」という。
蕎麦好きや蕎麦通の集まる店で食べログの点数も3.54と大変な評価だ。
その「きょうや」が和食堂を出したと聞き、やってきたのだ。
170606国立きょうや002R
場所はグルメシティと蕎麦屋の「きょうや」の間くらいだ。
本日のランチメニューが出してあり、値段は昼飯としては少し高めだ。
その分吟味された料理が出るに違いないと期待して中に入った。
170606国立きょうや003R

170606国立きょうや004R
お品書きを見ただけでこだわっていることがわかる。
最安値のさば塩焼き定食から蘊蓄のコメント(大根おろし~)が憎らしい。
白米にも期待が持てる。楽しみに膳を待つ。
当然白米は無料の大盛でお願いした。
170606国立きょうや006R
出てきた料理はなんと旨そうなことか。
お品書きのコメント通りに、瑞々しい大根おろしと自家製ぬか漬けと
小鉢が嬉しい。

鯖の塩焼きは、脂がたっぷりだ。
焼き方が良いので、皮まで旨い。
そこに、瑞々しい大根おろしを乗せて、好みで正油をかければ、
魚好きには最高の一品である。
170606国立きょうや007R
さすが、きょうやが出した「きょうや食堂」だ。
どれもこれも旨い。
自慢の羽釜で炊いた白米はどうだと頬張る。
これは驚くほどではない。
期待が天井に届くほど高かったので、少し残念。
170606国立きょうや005R
家内が食べているのは「鶏そぼろ丼定食」だ。
お惣菜が気に入ったとご満悦である。

他にもいろいろな料理がある。
次回はぎんだら西京漬け定食を食べてみたいと思うのだった。
170606国立きょうや008R
左は羽釜、中に削り節、右奥に魚オーブン。
わざわざ見えるところに配置しているのは
「これで勝負する」と宣言していると理解した。

2017年6月6日の訪問

蕎麦屋「きょうや」の訪問記事はこちらから

食べログの情報はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。
  
Copyraight(c) 2017 himeharuzemi. All right reserved


テーマ:和食 - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://himeharuzemitama.blog.fc2.com/tb.php/2174-5109a536
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)