プロフィール

ひめはるぜみ(多摩)

Author:ひめはるぜみ(多摩)
故郷 多摩地区を中心に 食べ歩いたお店や料理を中心に描いています。最近のコンデジはレベルがあがり、写真の技術が伴わずピンボケ写真になっていますが、それも 愛嬌。ご容赦ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

多摩 我が愛しのお店②
東京多摩地区を中心に 楽しいお店・美味しいお店・あれっ?なお店を書いています。私の主観による感想で、情報提供をするサイトではありません。私の忘備録の日記です。
多摩市聖蹟桜ヶ丘「旭鮨総本店」ランチ寿司とうなぎ
 聖蹟桜ヶ丘で出前をしてくれる店を探し始めた。
昨日は蕎麦屋の「大村庵」を探し出した。
あとは、寿司と中華だ。寿司は昔から出前を頼んでいた店に当りがあった。
桜が丘に向かう いろは坂の手前の「旭鮨総本店」である。
170608聖蹟桜ヶ丘旭寿司001R
この店はバブル期にフレンチと鮨の料理の融合を計って作られた。
高所得者が多い地域に面白い狙いだったが
バブル崩壊後にいつの間にか高級寿司屋に戻っていた。
170608聖蹟桜ヶ丘旭寿司003R
当時はフレンチレストランの作りだったが、今では小会合ができる部屋割りに作り替えられている。純粋に寿司を楽しむ向きには、花板と相対するカウンターが数席ある。

店に来るのは久しぶりなので、出前にないランチメニューを注文しよう。
家内は「貴船1200円」。私は安さに驚いて鰻1800円に決定した。
170608聖蹟桜ヶ丘旭寿司005R
「鰻は30分ほどかかりますが」と花番さんが言うが
1800円でうな重が食べられるなら喜んで待つというもんだ。
170608聖蹟桜ヶ丘旭寿司004R
まず、「貴船」だ。寿司は10個(寿司屋でも~~個と数える時代が来た)。
一般的な寿司だ。
旭鮨は、もっと上のランクの寿司を食べなければ力を発揮できない。
セットはやめて握りだけで2000円をこえてこないと、美味しいと感じない。
そういう寿司屋だということを思い出した。
170608聖蹟桜ヶ丘旭寿司007R
ところで、1800円の値段に非常に興味があって注文したうな重だ。
大きさが十分にある。信じられない。
吸い物はあさりの味噌汁が問題ではない。
170608聖蹟桜ヶ丘旭寿司008R
食べ始めは旨いと言っているが、食べ進んでいくと
何やら違和感の海に落ちていく。
最初はたれに酒の味を強く感じた程度だったが、
次第に鰻そのものに脂の味がしないことに
鰻専門店との違いを感じたのだ。
170608聖蹟桜ヶ丘旭寿司010R
家族やグループで来た時
鮨が食べられなくてもお手頃価格で鰻がありますよ。
と、店は営業努力しているのだろう。
1800円とはそういう うな重なのだ。
鰻好きは食べてはいけない。
170608聖蹟桜ヶ丘旭寿司006R
昨日関東は梅雨入りしたとテレビはいう。
アジサイの綺麗な季節がやってきた。

2017年6月8日のランチタイム

食べログの情報はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。
  
Copyraight(c) 2017 himeharuzemi. All right reserved


テーマ:和食 - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://himeharuzemitama.blog.fc2.com/tb.php/2177-2a904ce6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)