プロフィール

ひめはるぜみ(多摩)

Author:ひめはるぜみ(多摩)
故郷 多摩地区を中心に 食べ歩いたお店や料理を中心に描いています。最近のコンデジはレベルがあがり、写真の技術が伴わずピンボケ写真になっていますが、それも 愛嬌。ご容赦ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

多摩 我が愛しのお店②
東京多摩地区を中心に 楽しいお店・美味しいお店・あれっ?なお店を書いています。私の主観による感想で、情報提供をするサイトではありません。私の忘備録の日記です。
多摩市大塚「ポパイラーメン」人気の路面の中国料理店
30年前の多摩市の生活ゾーンは、聖蹟桜ヶ丘駅付近と京王永山駅付近で
まだ多摩センター駅や大沢エリアは商業や飲食が少なかったと記憶している。
大学があろうが 野猿街道は車が通り過ぎる道路で、
食事処が少なく困っていた。
「ポパイラーメン」は当時からあり、しかも繁盛店だった。
170612多摩市ポパイ013R 
今も健在の人気店で昼食時は会社員でほぼ満員になる。
駐車場があることも武器の一つになっている。
170612多摩市ポパイ003R 
入口には日替わりランチのサンプルがある。
ガッツリ食べて680円(税込)でお得感が強い。
170612多摩市ポパイ005R 
他にもメニューの幅が広く、
私が良く訪問する「南京亭(あるいは東京亭)」と似たメニューを持っている。
800円の価格が山になり、勝ちパターンの構成だ。
170612多摩市ポパイ012R

170612多摩市ポパイ010R 
定食に気持ちが揺らぐが、東京ラーメンの華はワンタンメンと信じているので
ワンタンメン780円(税抜き)を注文。それと鉄板の餃子だ。
待ち時間は少ない。調理の速さが繁盛店の鉄則である。
170612多摩市ポパイ002R 
麺は細麺と平打ちが選べる。
折角なので、平打ちで注文したが、
醤油味が強い東京ラーメンには細麺が合っているようだ。
170612多摩市ポパイ006R 
具は盛りだくさんだ。
中国料理風のチャーシューが一枚。メンマ。海苔。
手前の黒いのはわかめだ。
170612多摩市ポパイ007R

170612多摩市ポパイ004R 
ワンタンの皮の中は肉で満ちている。これは旨い。
久し振りに食べかいがある肉ワンタンを食べたという感想だ。
家内が食べているのは中華丼だ。
170612多摩市ポパイ009R
二分の一の煮玉子の色が美しい。
生姜が利いている醤油味で、見た目より味があっさりしている。
逆にパンチがないと思ったようだ。

餃子(6個で280円税抜き)のアンは野菜と肉とのバランスが良く
たくさん食べられるタイプだ。皮はワンタンと同じだろう。
良くできていると思う。
170612多摩市ポパイ011R 
流石に人気の店も1時半を過ぎると席に余裕が出てくる。
訪問するなら時間をずらすのがスムースだ。
駐車場のキャパと席のキャパはほとんど同じだと見受けられた。

2017年6月12日ランチタイム

食べログの情報はこちらから

公式サイトはこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。
  
Copyraight(c) 2017 himeharuzemi. All right reserved.

テーマ:中華料理 - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://himeharuzemitama.blog.fc2.com/tb.php/2182-53b9d0d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)