プロフィール

ひめはるぜみ(多摩)

Author:ひめはるぜみ(多摩)
故郷 多摩地区を中心に 食べ歩いたお店や料理を中心に描いています。最近のコンデジはレベルがあがり、写真の技術が伴わずピンボケ写真になっていますが、それも 愛嬌。ご容赦ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

多摩 我が愛しのお店②
東京多摩地区を中心に 楽しいお店・美味しいお店・あれっ?なお店を書いています。私の主観による感想で、情報提供をするサイトではありません。私の忘備録の日記です。
聖蹟桜ヶ丘「旭鮨総本店」ランチ寿司と旭巻きハーフ
  170615聖蹟桜ヶ丘旭寿司総本店001R
今日は私たち夫婦と都内からやってきた妹の三人連れだ。駅近くで駐車場があって静かに話ができて、美味しいところでランチがあること。「旭鮨総本店」は条件にぴったりだ。
先日、久しぶりの訪問で「安い」とランチ鰻を食べて「やっぱり値段なみだ」と残念な思いが残った。私はリベンジで、気になった寿司のセットを食べることにした。

170615聖蹟桜ヶ丘旭寿司総本店002R
注文は「藤1200円税抜き」にして、
私がどうしても食べたかった「旭巻ハーフ4切れ1080円」を追加した。
「藤」はにぎり7貫とサラダ、天ぷらの3点セットだ。
170615聖蹟桜ヶ丘旭寿司総本店004R
さすがに地域一番の寿司屋でマグロにこだわりが見える。
ちなみに 下左は旬のイワシだ。烏賊も鯛も旨い。
「この間よりシャリも美味しい」と家内がいう。
サラダを見ると、烏賊のゲソが入っていて、思わずニヤリと笑ってしまった。
天ぷらはエビ、ナス、ししとう、さつまいもでカラリと揚がっている。
色々楽しめてご婦人とのランチにはちょうどいい。
最後に茶碗蒸しがでて、藤のセットは終了になる。

170615聖蹟桜ヶ丘旭寿司総本店009R
私のリクエストの旭巻は大葉ときゅうりと烏賊と鮪の贅沢な巻物だ。

昔は正月のご馳走に旭鮨から寿司を取っていた我が家だが
「旭巻」を沢山食べたがる学生の私に向かって、「いったいいくらなのか知っているのか」と
今は入院闘病中の父が言っていたのを思い出した。

170615聖蹟桜ヶ丘旭寿司総本店008R

170615聖蹟桜ヶ丘旭寿司総本店006R
その時の父の顔は笑っていたと思う。
逆に、今なら私が好きなだけ食べさせてやりたいと思うのだが、
それもかなわぬ夢になりつつある。

2017年6月15日の訪問

以前の訪問記事はこちらから

食べログの情報はこちらから


このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。
  
Copyraight(c) 2017 himeharuzemi. All right reserved


テーマ:和食 - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://himeharuzemitama.blog.fc2.com/tb.php/2185-175386eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)