プロフィール

ひめはるぜみ(多摩)

Author:ひめはるぜみ(多摩)
故郷 多摩地区を中心に 食べ歩いたお店や料理を中心に描いています。最近のコンデジはレベルがあがり、写真の技術が伴わずピンボケ写真になっていますが、それも 愛嬌。ご容赦ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

多摩 我が愛しのお店②
東京多摩地区を中心に 楽しいお店・美味しいお店・あれっ?なお店を書いています。私の主観による感想で、情報提供をするサイトではありません。私の忘備録の日記です。
昭島「満留賀」冷やしなすおろしそば950円
 梅雨の合間のお天気日は大変暑くなり、
身体が気温の変化に追いついていかなくなる。
冷やしを急に食べたくなるのは当然だろう。

170617昭島市まるが001R
我が実家の一大事に行動を一緒に取ってくれている妻の昼のリクエストは「冷やしたぬき」だ。
この「冷やしたぬき」というメニューは非常に厄介な代物で、
蕎麦をウリにしている「わざわざ行く」店には用意されていないことが多い。
出前をやっている普通の蕎麦屋でしかもなるべく美味しいところを探すと
私の記憶の中に「昭島市東中神駅 満留賀」がヒットした。
170617昭島市まるが002R
「満留賀」は狭いながらも3台の駐車場がある。便利な店なのだ。
もう時間は午後の2時だ。お客さんはいなくて当然だ。
いくつかのテーブルと小上がり。一般的な小さな蕎麦屋だ。
冷やしはないかなと探すと、お勘定場の下に水色で「」の文字が見えた。
家内はすぐに「冷やしたぬき900円」と決め、
私は「冷やし揚げなすおろしそば950円」を注文した。
170617昭島市まるが003R
私の「冷やし揚げなすおろしそば」には、瑞々しい大根おろしがたっぷり乗っている。
清涼感溢れる一品で、汁をどぶどぶかけて食べるのが旨い。
170617昭島市まるが004R
蕎麦の量が少なく見えたが、この満留賀は都会のおしゃれな店ではない。
ちゃんと沢山入っているから安心だ。
きちんと冷水でしめられた細い蕎麦が、冷やしにたいへん向いている。
以前お尋ねしたとき、蕎麦は丸抜きで仕入れて、店で機械を使って押し出していると聞いた。
蕎麦通は注文があるかもしれないが、一般人なら大変おいしい冷やし蕎麦になっている。
蕎麦粉の状態、打った後の管理など工夫がされているとお見受けした。
170617昭島市まるが007R
さて、家内の冷やしたぬきはどうだろう。
一目見て笑ってしまった。(失礼)
トッピングが冷やし中華なのだ。
違うのは天かす(決してあげ玉ではない、ココ大事)が乗っていることだけだ。
錦糸玉子と海苔はいいとしても、ハムとかにかまには笑ってしまった。
楽しい昼食だ。
170617昭島市まるが006R
ところで、久しぶりに行って変わったところを発見した。
蕎麦湯が、蕎麦粉を加えた蕎麦湯に代わっていたのだ。
心意気は買いたいが、まだ研究途上といったところ。
どのように変化するか次回の楽しみとなった。
170617昭島市まるが008R
昭島市東中神の満留賀は普通の蕎麦屋だ。
遠くからわざわざ来る店ではない。
でも、地元の人気は高く「街のおいしい蕎麦屋」の位置づけは不動のものだ。
170617昭島市まるが009R

2017年6月17日 午後1時半の訪問

以前の訪問記事はこちらから


食べログの情報はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。
  
Copyraight(c) 2017 himeharuzemi. All right reserved


テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://himeharuzemitama.blog.fc2.com/tb.php/2187-50e8d531
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)