プロフィール

ひめはるぜみ(多摩)

Author:ひめはるぜみ(多摩)
故郷 多摩地区を中心に 食べ歩いたお店や料理を中心に描いています。最近のコンデジはレベルがあがり、写真の技術が伴わずピンボケ写真になっていますが、それも 愛嬌。ご容赦ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

多摩 我が愛しのお店②
東京多摩地区を中心に 楽しいお店・美味しいお店・あれっ?なお店を書いています。私の主観による感想で、情報提供をするサイトではありません。私の忘備録の日記です。
多摩市聖蹟桜ヶ丘「旭鮨総本部」出前の太巻き6月30日
 昭和ヒト桁生まれの父は、戦争に行かなかった。
戦争で食料がなくなり、川で魚を取ってきては家族に食べさせて喜ばれた話は何度も聞いた。
地方の町から嫁と子供に飯を食わせるため
高度成長時代を走りすぎ、やっとのんびりできるころの後期、脊椎を痛め歩けなくなった。
旅行に行けなくなると、家にずっといる口うるさいだけの爺となり
最初の頃は我慢していた母も、次第に言い返すようになり、言い争いが絶えなくなった。

ある日、ベットからずり落ちた父はそのまま立てなくなり、
一人で食事と排便ができなくなった。一週間は家族で頑張ったが、
訪問看護のナースは病院に入れることを強くすすめた。
長男が嫌がる父を無理やり入院させた。
別居している長男は訪問看護の先生の紹介状を見て驚いた。
「アルツハイマーⅡ型認知症」
長男も長女もこの事実を知らなかったのだ。
病院で身体を拘束されて、おむつで排便させられるようになると
父の認知症は一気にすすんだ。

6月3日、先生より覚悟する旨を伝えられた。
それ以降、ほぼ毎日父と面談してきたが、さすがは昭和ヒト桁だ。身体が強い。
30日未明、いざというときに備えて実家に寝泊まりしていた私の携帯に病院から電話があった。

その後、「摂食嚥下障害」漢字だらけの診断書をうけとった。
そして、実家に家族だけが集まり、家族葬の準備を進めることにした。

大枠が決まれば昼飯だ。
170630聖蹟桜ヶ丘旭寿司001R
旭鮨総本店に出前を注文し、飯を食べる。
母、長男夫婦、長女夫婦の5人分だ。
生寿司だけだと足りないといけないので、太巻きを追加した。
4切れ、1080円だ。
桜デンブの甘さとかんぴょうのしょっぱさが幼いころの懐かしさを運んできた。

父さん、私が好きな食べ物はあなたが好きだった食べ物なんです。
あなたが教えたのですよ。

2017年6月30日 昼の出前

以前の訪問記事はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。
  
Copyraight(c) 2017 himeharuzemi. All right reserved.

テーマ:お寿司 - ジャンル:グルメ

コメント
けいすけさん ありがとうございます。
 心温まるコメントを頂き感謝いたします。
 晩年の父は、自分勝手な頑固者でした。皆に嫌がれてきました。
亡くなるまで少々時間があったので、親戚の叔父、伯母から話を聞きました。
父の 父母や義理の母に沢山感謝されていたそうです。
私のいとこに就職を紹介したり、住むところを紹介して、感謝されていました。

 私たちには、うるさく嫌味な親父でしたが、外ではいい面をたくさん見せていたようです。
要するに 昔の男だったのでしょう。

今の時代、喪に服することはあまりないようですから、今まで以上にいろんな店に行きたいと思います。
どうぞ、よろしくお願いします。
[2017/07/13 16:32] URL | ひめはるぜみ(多摩) #- [ 編集 ]

ご冥福をお祈り致します
実は以前に何度かコメントをさせて頂いたことがあります。ただどんな名前で投稿したか覚えていなくて、、、何にせよまた投稿したいと感じたので自分の名前で投稿しました。

お父様のご冥福をお祈り致します。
私も15年程前に父を亡くしています。私の父も食べるのが好きな人でした。そしてその血を継いでか私も食べることをこよなく愛する男です。そのことが私の人生の中で大きな幸せを産み出していると思っているので、父には本当に感謝しています。
そんな食べることが大好きな自分が、しょっちゅう拝見させて頂いているこのブログ。それを書かれているひめはるぜみ様にはいつも「有り難い」という気持ちを持っています。そしてお父様にも同様に感謝の気持ちを抱きました。赤の他人ではありますが、ご冥福をお祈りすることで、その感謝の気持ちを表せればと思い、勝手ながらこのタイミングで投稿させて頂きました。自分勝手な思いで大変失礼致します。
今後とも、また美味しそうなお店の紹介、そして素敵な文章を読ませて頂けたら嬉しいななんて我儘なことを考えております。どうぞご無理をなさらず、お身体にお気をつけ下さい。
[2017/07/07 21:19] URL | けいすけ #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://himeharuzemitama.blog.fc2.com/tb.php/2203-a0dd18bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)