プロフィール

ひめはるぜみ(多摩)

Author:ひめはるぜみ(多摩)
故郷 多摩地区を中心に 食べ歩いたお店や料理を中心に描いています。最近のコンデジはレベルがあがり、写真の技術が伴わずピンボケ写真になっていますが、それも 愛嬌。ご容赦ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

多摩 我が愛しのお店②
東京多摩地区を中心に 楽しいお店・美味しいお店・あれっ?なお店を書いています。私の主観による感想で、情報提供をするサイトではありません。私の忘備録の日記です。
聖蹟桜ヶ丘 牡蠣の店「うらら」ランチで牛たたき丼と生牡蠣
 亡くなった父の四十九日法要は、
旧盆にかかるとお寺さんも私たちも忙しいと早めに行った。
七七日法要、入仏を終えて納棺を行なった。
納棺といっても、父は生前に墓を処理してしまっているし、
まだ、家族で考え方が一致しないままなので
一時預かりを多摩霊園にお願いすることにして、
今日は後飾りの片づけを実家で行っている。
170804聖蹟桜ヶ丘うらら002R
今日の昼めしは私一人だ。
誰にも遠慮しないで好きな飯を食べることができる。
では、聖蹟桜ヶ丘の牡蠣専門店「うらら」のランチを食べに行こう。
170804聖蹟桜ヶ丘うらら001R
先日訪問した時に、牛たたき丼が旨そうに見えた。
牡蠣専門だがランチは広い客層を手頃なお値段で引き付けようと
いろいろ工夫している。
大体、この看板がないと、店がどこにあるのかわからない。
170804聖蹟桜ヶ丘うらら002R
セブンイレブンの横の窮屈な階段を上がって、やっと店の顔が見えてくる。
「牡蠣屋うらら」
170804聖蹟桜ヶ丘うらら004R
店内はカウンターとテーブル席で一人でもグループでも問題はない。
意外と女性のおひとり様が多い。静かに食事をして、SNSをしているようだ。
隠れ家的店として使っているのかもしれない。
170804聖蹟桜ヶ丘うらら017R
ランチメニューから牛たたき丼750円を選び、
しばらく待つ。
170804聖蹟桜ヶ丘うらら006R

170804聖蹟桜ヶ丘うらら007R
牛たたきは少々若い。
この若いというの意味は熟成が足りていないということ。
牛自体が持っていて、熟成とともに出てくる旨味が出ていない。
温泉卵を乗せたり、ごま油で香付けをするなど
工夫がされているので、値段分にはなっている。
170804聖蹟桜ヶ丘うらら008R
しかし、もう少しでもっと高いコスパになるのに勿体ないなぁと思うのだった。

食べ終わって、もう一度メニューを見直すと
裏面に「生牡蠣のセット」? 1000円?を見つけた。
生牡蠣は1つでも500円するはずだが、
プラス250円で食べられるとはなんという幸せ。
170804聖蹟桜ヶ丘うらら011R
若い花番さんに産地を聞くが聞きに戻る始末。
牡蠣専門店なのだから、これだけは押さえてほしい。
「宮崎県唐桑」の牡蠣らしい。
唐桑というと気仙沼の牡蠣である。有名な産地の牡蠣を250円とは大サービスではないか。
170804聖蹟桜ヶ丘うらら013R
レモンかおろしポン酢で食べてください。と言われたが
そのままつるんと飲み込むように食べてしまった。
海水の味が強いので、調味料はいらない。
170804聖蹟桜ヶ丘うらら015R
あぁ、もっと食いたい。
今度は夜、スポンサーを連れて来よう。
日本酒も飲ませてもらえれば最高だろう。

2017年8月4日のランチタイム

以前の訪問記事はこちらから

食べログの情報はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。
  
Copyraight(c) 2017 himeharuzemi. All right reserved.



テーマ:鮮魚 - ジャンル:グルメ

コメント

ひるはるぜみ様

いつも更新を楽しみにおりました
一か月更新ほど更新はないので体調を崩されたのでしょうか

多摩地域には数々の食レポサイトはございますがひるはるぜみ様の独特な文章は
見ていてとても楽しいもので、私のお気に入りサイトの上位でございます

次回の更新をお待ちしております

[2017/09/03 22:55] URL | 八王子のラーメン好き #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://himeharuzemitama.blog.fc2.com/tb.php/2228-808140a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)