FC2ブログ
プロフィール

ひめはるぜみ(多摩)

Author:ひめはるぜみ(多摩)
故郷 多摩地区を中心に 食べ歩いたお店や料理を中心に描いています。最近のコンデジはレベルがあがり、写真の技術が伴わずピンボケ写真になっていますが、それも 愛嬌。ご容赦ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

多摩 我が愛しのお店②
東京多摩地区を中心に 楽しいお店・美味しいお店・あれっ?なお店を書いています。私の主観による感想で、情報提供をするサイトではありません。私の忘備録の日記です。
昭島手打ちそば「みのり」スタイルが出来上がりつつある
 「たまには美味しいものを食べたい。」
一人で外出できない家内がいうことに首を横に振ることはできない。
八月に転んでアキレス腱を切って
車いす生活を余儀なくされて
一人でじっと亭主の帰りを待っている家内だ。
「鬱になりそう。」
気持ちはよくわかるので、表に連れ出すことにした。
171002昭島みのり001R  
外は秋風。
最後のラストスパートをかけたセミの声は
いつしかコオロギにバトンを渡していた。
ヨットパーカーを羽織り、整形外科病院から向かった先は
「昭島 手打ちそばの みのり」だ。
「みのり」は雑誌やテレビで紹介される手打ち蕎麦屋だ。
171002昭島みのり017R
マスコミには目新しい付け蕎麦の店として紹介されているが
若い店主と奥様がいろんな創作的なチャレンジをしているので、
面白い発見が毎回あるのだ。
171002昭島みのり002R
白い建物はバリアフリー設計になっている。
駐車場から、席に着くまで苦労しないで入れるから
今の私達にとってベストな店選びなのだ。

今日はランチセットからAセット1300円を選び
家内は天ぷら、私はミニ野菜天丼だ。
最初は前菜プレートだ。
蕎麦豆腐ジュレトッピング、揚げ蕎麦のサラダ、少し甘めの出汁巻き玉子。
171002昭島みのり004R
まるで先付ではないか。
酒が欲しくなる。
玉子焼きは特に旨い。地元の養鶏場の玉子を使っている。
素材にこだわる姿勢は今も変わっていない。
家内が食べ始める野菜天は
しいたけ・舞茸・ブロッコリー・サツマイモ・かぼちゃだ。
171002昭島みのり007R
私はミニ野菜天丼だ。
開店当初、地元の「みのり」への評価は
「量が少なくて高い」だった。女性がそういっていた。
ランチの蕎麦は茹で前で150g、ここにミニ天丼が付けば
普通の大人なら十分な量になろう。
171002昭島みのり009R

171002昭島みのり013R
蕎麦を食べ始めると「あれっ」と不思議だ。
蕎麦なのにもちもち、つるつるしている。
ラーメンで言えば札幌味噌やつけ麺に出てくるような麺なのだ。
濃いつけ汁と喧嘩している。
奥様に伺えば「微粉」で製粉しているそうだ。
蕎麦の粗さ細かさを表現するときに、メッシュという表現を使う場合がある。
40メッシュくらいだろうか?
いえ、60メッシュです。
心の声=(こんなに細かい店は聞いたことがない。)

「みのり」はチャレンジ精神旺盛な店だ。
今回の蕎麦は伝統的なもり蕎麦の味を楽しみたい私には合わなかったが
きっと次は新しい楽しみを見つけることができるだろう。
171002昭島みのり015R
蕎麦湯を飲み干すと、コーヒーとデザートだ。
だったん蕎麦プリンと
コーヒー豆に蕎麦を焙煎して加えた食後のコーヒーだ。
171002昭島みのり016R
この蕎麦プリン、只者ではない。
あまりおいしいスイーツを食べてこなかった私がいうのは
なんともヘンテコで資格がないが
それでもリピートお替わりしたくなる。

ご馳走様。大変おいしゅうございました。

2017年10月2日 ランチタイム

以前の訪問記事はこちらから

食べログの情報はこちらから


このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。
  
Copyraight(c) 2017 himeharuzemi. All right reserved.


テーマ:蕎麦 - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://himeharuzemitama.blog.fc2.com/tb.php/2242-ff7f1ccd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)