FC2ブログ
プロフィール

ひめはるぜみ(多摩)

Author:ひめはるぜみ(多摩)
故郷 多摩地区を中心に 食べ歩いたお店や料理を中心に描いています。最近のコンデジはレベルがあがり、写真の技術が伴わずピンボケ写真になっていますが、それも 愛嬌。ご容赦ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

多摩 我が愛しのお店②
東京多摩地区を中心に 楽しいお店・美味しいお店・あれっ?なお店を書いています。私の主観による感想で、情報提供をするサイトではありません。私の忘備録の日記です。
東村山「僻地のうどん屋 こげら」しょうゆ中&いかげそ&れんこん
 さっと食べられてさっと仕事に向かえる。
できればなるげくおいしいもの。
と、くれば 僻地のうどん屋「こげら」だ。
171127東村山こげら001R
駐車場に車を入れて店の前に立ったら
暖簾が中に入っている。13時半過ぎだ。
うどんが無くなったのかと、じっと中をのぞいていたら
ご主人が気が付いて「一人?」と招き入れてくれた。
「今日は忙しかったけれど、一段落ついたから閉めたところです」
先週、暇だとツイートしていたのだが、今日は良いそうだ。
「どこかで帳尻が合うようになっているものです」だそうだ。
171127東村山こげら002R
御飯がないとのことで、ランチは諦めて
しょうゆうどん中400円とてんぷらを二つで200円を食べることにした。
171127東村山こげら005R

171127東村山こげら006R
武蔵野うどんと讃岐うどんの違いがどこにあるかは知らないけれど、
やっぱり茹でたちのうどんは美味い。
汁があろうが、なかろうが
しょう油と大根おろしでだけで美味しく食べられる。
171127東村山こげら009R
大きな下足をキッチン鋏でちょんちょんときり、
レンコン天もついでに食べ易い大きさに切る。
171127東村山こげら010R
美味しくいただいた。
が、私としては讃岐うどんは汁のうまさで完成すると思っている。
汁のうまさが店選びのポイントになっている。

こげらの汁は旨いから、次回はやっぱりかけを食べるだろう。
2017年11月27日の午後1時半過ぎの訪問

以前の訪問記事はこちらから

食べログの情報はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。
  
Copyraight(c) 2017 himeharuzemi. All right reserved.


テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://himeharuzemitama.blog.fc2.com/tb.php/2259-e2aa1425
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)