プロフィール

ひめはるぜみ(多摩)

Author:ひめはるぜみ(多摩)
故郷 多摩地区を中心に 食べ歩いたお店や料理を中心に描いています。最近のコンデジはレベルがあがり、写真の技術が伴わずピンボケ写真になっていますが、それも 愛嬌。ご容赦ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

多摩 我が愛しのお店②
東京多摩地区を中心に 楽しいお店・美味しいお店・あれっ?なお店を書いています。私の主観による感想で、情報提供をするサイトではありません。私の忘備録の日記です。
八王子 手作りパン「サンドゥバン」金土は営業している
180310八王子サンドゥバン003R  
精肉店「ふじや」でコロッケを買って
北に200メートルほど行くと
小さなパン屋さんがある。
この場所はもともと風呂桶屋さんであった。
店舗名はフランス語でバスルームといった意味らしい。

ところが、いつの日からか、店の前を通っても営業している姿はなくなった。
まさか・ ・ ・
同じ通りに八王子の有名店の「ぶらんじぇり」がある。
「ぶらんじぇり」はごちそうのパン屋である。
一方、「サンドゥバン」は自然志向のパン屋である。
棲み分けは可能なはずだと思っていた。
180310八王子サンドゥバン001R
偶然開いている扉に入り
「金・土だけ営業に変わったんですか」と聞いた。
「はい、子供ができまして。」だそうだ。
家族でやっているほんの小さなパン屋さんだ。
朝飽きて仕込みを始めると、子供が泣きだして仕事にならないらしい。
180310八王子サンドゥバン004R
「 サンドゥバン」のパンは、ゴワゴワしている。
苦みが残っていて、唾液が混ざると甘くなる。
十割の田舎蕎麦に似ているなぁ。

うまい田舎蕎麦は、塩だけあれば十分に酒のつまみになる。
「サンドゥバン」のパンはそのままワインのお友だ。
できればサイドにオリーブとドライフルーツがあればよい。

2018年3月10日の訪問

食べログの情報はこちらから



このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。  
Copyraight(c) 2018 himeharuzemi. All right reserved.



テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://himeharuzemitama.blog.fc2.com/tb.php/2276-27349524
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)