FC2ブログ
プロフィール

ひめはるぜみ(多摩)

Author:ひめはるぜみ(多摩)
故郷 多摩地区を中心に 食べ歩いたお店や料理を中心に描いています。最近のコンデジはレベルがあがり、写真の技術が伴わずピンボケ写真になっていますが、それも 愛嬌。ご容赦ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

多摩 我が愛しのお店②
東京多摩地区を中心に 楽しいお店・美味しいお店・あれっ?なお店を書いています。私の主観による感想で、情報提供をするサイトではありません。私の忘備録の日記です。
あきる野 「小川家」 庶民的で家庭的な蕎麦屋
 20180517あきる野小川001R
あきる野市の中心
秋川駅から北に徒歩で5分少々の交差点に
「小川家」という蕎麦屋がある。
ネットで事前に情報を取ると
そば・うどん以外に丼や中華まで幅広いメニューがある店らしい。
20180517あきる野小川005R
事前情報になかったのは、
灰皿が各テーブルに置いてある「喫煙可」ということだった。
虫歯を治療中の私は、うどんを食べにやってきた。
20180517あきる野小川007R  
献立表から「天もり900円」を選び
テレビで昭和の新御三家「西城秀樹」の訃報を見ている。
ロ~ラとハスキーな声で歌ったナイスガイは
後年病気がちであったと聞いた。
同じ時代を生きている私たちには
彼の死はショックだ。
数少ないカラオケの持ち歌にYMCAを歌っている大学時代の友人を思い出し
また時代が過ぎていくのを感じたのだった。
20180517あきる野小川008R
天もりうどんが出てくるまで若干時間があった。
店主の子供か孫からか送られた
孫の似顔絵付きの色紙をほのぼのしながら見て和む。

うどんは白く柔らかい。
薬味に鶉の卵が付いてくる。
治療中の歯にちょうど良い料理だった。
20180517あきる野小川004R
「小川家」は昔からある街の蕎麦屋だ。
かつ丼、親子丼もあるから
使い勝手良い。

ただ、私でももう少し食べられるくらいだから
若い男性は大盛を注文するのが良いと思う。

2018年5月18日 ランチタイムの訪問

食べログの情報はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。  
Copyraight(c) 2018 himeharuzemi. All right reserved.


テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://himeharuzemitama.blog.fc2.com/tb.php/2290-0d668b9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)