プロフィール

ひめはるぜみ(多摩)

Author:ひめはるぜみ(多摩)
故郷 多摩地区を中心に 食べ歩いたお店や料理を中心に描いています。最近のコンデジはレベルがあがり、写真の技術が伴わずピンボケ写真になっていますが、それも 愛嬌。ご容赦ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

多摩 我が愛しのお店②
東京多摩地区を中心に 楽しいお店・美味しいお店・あれっ?なお店を書いています。私の主観による感想で、情報提供をするサイトではありません。私の忘備録の日記です。
お茶の水東京医科歯科大学「グリルセインツ」ドライカレー
 病院にはそれぞれの役割がある。
日々のちょっとした病気やけがを診てもらう診療所やクリニック。
簡単な手術をする総合病院。
いくつかの科にまたがって身体全体をメンテをする大病院。

国立病院というと地域のトップに位置づけされる病院だ。
と、思っていたがどうもそうでもないらしい。
先生たちはあちこちの病院から出向のような形で来ていて
最新の研究現場からは遠ざかっている。
多岐にわたる検査ができる病院だとわかってきた。

春の人事異動で家内の担当医が出向元の病院に帰って行った。
後任は他の病院から派遣されてきた。
家内は嫌がるが、私はセカンドオピニオンが欲しいと思っていた矢先だ。
新しい担当医は東京医科歯科大学病院から地方の病院に出向している人で
「ちゃんとした検査をして治療方針を固めるため
一度見てきてもらってください」という。
「この国立病院では関連する科の専門スタッフがいませんから」が結論だ。
早速、紹介状を持ってお茶の水までやってきた。
初診は教授だった。診察するなり今までしてこなかった検査をすることになった。

ただ、大学病院は時間がかかる。あっという間に昼になり、
私は学内で食べ物屋を探すことになった。
20180530お茶の水グリルセインツ004R
ネットは便利なものだ。スマホがありがたい。
検索するとレストランがあって、ドライカレーがおすすめらしい。
一号館に入っている「グリルセインツ」に来てみたが ? ?
談話室・ラウンジどころかまるで倉庫ではないか。
20180530お茶の水グリルセインツ002R
恐る恐る中に入ると、
テーブルやソファーがあり場末の駅の昭和のレストランのようだ。
ドライカレーをカレーピラフかカレーチャーハンのようなものだと固定観念があったが、
デパートのお好み食堂で出てきたカレー入れに
汁なしキーマカレーだった。
20180530お茶の水グリルセインツ007R
野菜のトッピングは素揚げが三種、
玉子は温泉玉子。
20180530お茶の水グリルセインツ008R
味はいいが、
この値段を出すならもっと洒落たレストランで食事を取れるはずだ。
食事の値段は料理と雰囲気と接客が合わさった物だと思うのだ。
20180530お茶の水グリルセインツ009R  
談話室には
手術着を着たスタッフを囲んで
若いメンバーでグループを組んでいる。
Off ・  J ・ T  だ。
医学生にとって必要な場所と時間だ。
このTOPを支えるため、私はまた食べに来るだろう。

2018年5月30日ランチタイムの訪問
食べログの情報はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。  
Copyraight(c) 2018 himeharuzemi. All right reserved.


テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://himeharuzemitama.blog.fc2.com/tb.php/2295-7026acf3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)