FC2ブログ
プロフィール

ひめはるぜみ(多摩)

Author:ひめはるぜみ(多摩)
故郷 多摩地区を中心に 食べ歩いたお店や料理を中心に描いています。最近のコンデジはレベルがあがり、写真の技術が伴わずピンボケ写真になっていますが、それも 愛嬌。ご容赦ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

多摩 我が愛しのお店②
東京多摩地区を中心に 楽しいお店・美味しいお店・あれっ?なお店を書いています。私の主観による感想で、情報提供をするサイトではありません。私の忘備録の日記です。
昭島「めだかTANTAN」 汁あり担々麺 ライス温泉玉子付」
6月の季語は梅雨時のものであり、
紫陽花、早苗、枇杷などであるが
後々の時代には「冷し中華はじめました」が入ってくるのではなかろうか。

しかし今日は梅雨寒で寒い日。
冷やし中華よりラーメンの方を体が欲している。

東中神にある「〇決 まるひろ」に入ろうとするが
タッチの差で車で乗り合わせてきた職人のグループに先を越させた。
20180611昭島めだか坦坦004R
しかし、東中神~中神の間には 名だたる美味しい店が他にもある。
「めだかTANTAN」や「アンタイヌードル」だ。
ラーメンにこだわらなければ、
蕎麦好きの友人が足繁く通う「ふく花」「又達」「むら田」で、
麺類の激戦地なのだ。
さて、コインパーキングに車を入れてしまったので、
駐車券サービスがある「めだかTANTAN」に入ることした。
テントには「担々麺」であるが、私は「めだか」さんの店で
勝手に「めだかTANTAN」と呼んでいる。
20180611昭島めだか坦坦007R 
店内はほぼ満席。二階の赤いカウンターに座って
今日も「汁あり担々麺」だ。
温玉と小ライスセットを付けるのは忘れてはいけない。
20180611昭島めだか坦坦009R
汁あり担々麺の半分は豆乳でできていて
あとの半分は優しさでできているそうだ。
さらに最近は愛情も加えているらしい。
20180611昭島めだか坦坦011R
そんな担々麺は、豆乳のおかげで辛さが尖っていない。
インドカレーを中辛で食べている人なら楽勝だろうし
むせびながら食べる中本と比べるとマイルドである。
麺はボソッとした仕上がりだ。ゆでが足りないのかと疑うが
アルデンテでこれはこれでうまい。
ましてこの店主がゆでが足りないものを出すわけがない。
20180611昭島めだか坦坦012R  
ただ、温玉を入れるタイミングをミスった。
御飯を汁に入れたときに加えるべきだった。反省だ。

連れできているお隣さんは
「どこどこのラーメン屋が旨かった」話をしている。
旨いものを食べていると自然に旨い店がつながってでてくるものだ。
 20180611昭島めだか坦坦016R  

2018年6月11日ランチタイムの訪問
以前の訪問記事はこちらから
食べログの情報はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。  
Copyraight(c) 2018 himeharuzemi. All right reserved.


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

コメント
KLTさん いつもありがとうございます
お久しぶりです。また、コメントいただきありがとうございます。
それにしても、この地域のことに精通していらっしゃいますね。
これからもよろしくお願いします。
[2018/06/15 23:34] URL | ひめはるぜみ(多摩) #- [ 編集 ]


「アイタイ」ではなく「アンタイ」ですかね?

>テントには「担々麺」であるが、私は「めだか」さんの店で勝手に「めだかTANTAN」と呼んでいる。

テントの右下端っこに「めだかTANTAN」と入ってますし、Facebookでも食べログでも「めだかTANTAN」だから呼び方はこれで良いのではないでしょうか?
[2018/06/15 19:35] URL | KLT #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://himeharuzemitama.blog.fc2.com/tb.php/2302-ad6e1922
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)