プロフィール

ひめはるぜみ(多摩)

Author:ひめはるぜみ(多摩)
故郷 多摩地区を中心に 食べ歩いたお店や料理を中心に描いています。最近のコンデジはレベルがあがり、写真の技術が伴わずピンボケ写真になっていますが、それも 愛嬌。ご容赦ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

多摩 我が愛しのお店②
東京多摩地区を中心に 楽しいお店・美味しいお店・あれっ?なお店を書いています。私の主観による感想で、情報提供をするサイトではありません。私の忘備録の日記です。
東京スカイツリーそらまち「天龍」大きな餃子を食べる」
 梅雨の日、葛飾からお茶の水に行く途中
何処で昼食を取ろうか。知恵を絞ることとなる。
葛飾に孫と娘を車で迎えに行って、
午後はお茶の水の病院で家内の診察がある。
ベビー車と車いすを持って、雨にぬれずに食事を取ろうとすると
それなりの施設を選ばなくてはならない。
と、いうことで 東京スカイツリーの選んだのだ。
20180620東京スカイツリー天龍003R
狙いは回転寿司のトリトンだ。
が、しかしすでに行列で午後から予定が入っている私達は見送ることにした。
同じ階を見ていると「天龍」がある。
「天龍」といえば銀座にある餃子で有名な「天龍」である。
20180620東京スカイツリー天龍017R 
銀座では超人気店の天龍だが、東京ソラマチでは比較的待たずに入れる店だ。
私はエビそばを選び、餃子は大人三人でシェアすることにした。
20180620東京スカイツリー天龍018R
料理は比較的待たずに出てきた。
エビそばのスープは透きとおっている。
エビ、袋だけとしっかりとした材料を使っている。
この立地で、千円を超えたとしても妥当なものだ。
20180620東京スカイツリー天龍009R  
それよりもお目当ては大きな餃子である。
バナナの房のように
4個ずつ一塊になっている。
20180620東京スカイツリー天龍012R

 20180620東京スカイツリー天龍013R
この大きな餃子をひょいと持ち上げて、
かぶりつくと、たくさんの肉が詰まっている。
餃子は8個で1100円だ。このボリュームだとお値打ち品ではないか。
が、・・・感激がない。
ジューシーではない。そうかといって対極にある
肉感が凝縮された味でもない。
パサついた感じがしたのは私の体調や気分のせいだろうか。

連れの二人が食べているのは
ルーローハンと中華丼だ。
観光地としては良心的な値段で味も悪くはない。
20180620東京スカイツリー天龍015R

20180620東京スカイツリー天龍010R
私の思い入れは
「天龍」はわざわざ行く店だ。
わざわざ行く店であってほしいのだ。
20180620東京スカイツリー天龍008R

2018年6月20日(水)ランチタイムの訪問

銀座「天龍」の訪問記事はこちらから

食べログの情報はこちらから


このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。  
Copyraight(c) 2018 himeharuzemi. All right reserved.



テーマ:中華料理 - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://himeharuzemitama.blog.fc2.com/tb.php/2304-4af2406b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)