FC2ブログ
プロフィール

ひめはるぜみ(多摩)

Author:ひめはるぜみ(多摩)
故郷 多摩地区を中心に 食べ歩いたお店や料理を中心に描いています。最近のコンデジはレベルがあがり、写真の技術が伴わずピンボケ写真になっていますが、それも 愛嬌。ご容赦ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

多摩 我が愛しのお店②
東京多摩地区を中心に 楽しいお店・美味しいお店・あれっ?なお店を書いています。私の主観による感想で、情報提供をするサイトではありません。私の忘備録の日記です。
福生「麦天」つけめん中(600g) 4年ぶりに訪問
 今日は梅雨の合間の暑い日になった。
こんな日の昼飯は、蕎麦かつけ麺が良かろうと
第一候補を牛浜の「美豚」にして車を走らせた。
ところが、店の向かいの4~5台収容の駐車スペースはいっぱいだ。
それならばとむかった福生の「麦天」。こちらはすんなり入れた。
20180622福生麦天001R
「麦天」はラーメンやまぜそばもある、つけ麺の店だ。
自販機で「つけ麺650円」を買いサイズは(中)とした。
20180622福生麦天006R
茹で時間は8分らしい。
少し待つと、シンプルにきれいに盛られたつけ麺が出てきた。
麺が多い?
おたずねすると「つけ麺の中は500gの2割増し」だそうだ。
食べきれるだろうかと、麺を一本食べると
太い麺から美味しいラーメン独特な小麦の味がしてきた。
20180622福生麦天004R
工夫された麺は店名の「麦」の通りだ。
この旨い麺を、トリプルスープといわれるつけ汁に思いっきり入れた。
トリプルとは何だろう。
魚介、豚骨、あとは?わからない。
まぁ、バカ舌だからわかるはずもなく、帰ってネットで調べてみよう。
味は、豚骨が勝ってソフトな感じ。飛び出して尖った特徴はなく食べやすい。
20180622福生麦天005R
ただ、600gもあると、どうしてもつけ汁は冷めてくるし
薄まってくる。
そして何よりも飽きてしまう。
太いメンマや、肉感が残るチャーシューを食べて口直しするが
この2品は麺に対してインパクトが弱い。
これはいい意味で麺が強いということだ。
20180622福生麦天002R
600g完食して、ご主人にお訊ねしたところ
開店してから6年経った。
ほかに店はなく多店舗展開はしていない。
ことが分かった。

確か、ここは道頓堀や哲麺と同様、福生ハムと関係があり、
多店舗展開は最初から視野に入っていたのではなかろうかと
私は勝手に思っていたのだ。
どうしてだろう。前提から違っていたのであれば
前回の4年前の記事も含めて間違っていたということになる。

書きっぱなしの忘備録で、調べなおすこともしないので
その節はお許しいただきたい。



2018年6月22日 ランチタイム

以前の訪問記事はこちらから

食べログの情報はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。  
Copyraight(c) 2018 himeharuzemi. All right reserved.


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://himeharuzemitama.blog.fc2.com/tb.php/2305-60c1fdf1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)