FC2ブログ
プロフィール

ひめはるぜみ(多摩)

Author:ひめはるぜみ(多摩)
故郷 多摩地区を中心に 食べ歩いたお店や料理を中心に描いています。最近のコンデジはレベルがあがり、写真の技術が伴わずピンボケ写真になっていますが、それも 愛嬌。ご容赦ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

多摩 我が愛しのお店②
東京多摩地区を中心に 楽しいお店・美味しいお店・あれっ?なお店を書いています。私の主観による感想で、情報提供をするサイトではありません。私の忘備録の日記です。
あきる野市「麺処いし川」 仕事がしてあるご馳走ラーメン
 久しぶりに正統派のラーメンを堪能した気がした。
最近のラーメン・つけ麺は店主の独創性あふれる
スープや具でどちらかというと「奇」で評判になることが多いのではないか。
たまにはそれもいいが、年齢とともに体力が衰えてくると
ほっとできる昔ながらのラーメンを安定的に食べたくなってくる。
あきる野市の「麺処いし川」は
さらにラーメンをご馳走のレベルまで高めている。
20180626あきるのいし川001R
20180626あきるのいし川002R
なお、ここでいう「ご馳走」とは
料理旅館のような見た目の派手さや量や種類の多さではなく
蕎麦屋のもり蕎麦を食べてそのうまさに唸り、すぐに再訪したくなるような
いわば日本的な「求道」に通じるものだ。
20180626あきるのいし川003R

待つこと、少々。

20180626あきるのいし川005R
醤油はキッコーゴー(秋川地元の近藤醸造)ということで
このコクと色が強い醤油を
少なすぎず、濃くしすぎず、ちょうど良いぎりぎりのバランスで配合して
醤油本来の旨さが生きている。
キッコーゴー醤油は刺身、特に白身にほんの一滴二滴たらすと
俄然味が際立つような醤油だ。
醤油の味が立っているのに尖っていない、絶妙である。
20180626あきるのいし川006R
麺を食べ、メンマを食べ、チャーシューを夢中で食べる。
スマホをかざしている暇はない。
どれもが美味しくて、ほっこりして来る。
そして最後にとっておいた味玉だ。
なんという旨さだ。とろとろの黄身にしみた醤油ベースの味。
初めての店で質問したことは「特別な卵を使っていますか?」だ。
「いえ、普通の卵です」
変な客だと思われたに違いない。
が、尋常でない旨さだ。

大盛にすればよかった。
それとも普通が全体バランスが良いのだろうか。
近いうちに訪問したい。

量で値段を考える店ではなく
質で値段を評価する店。
コスパは満足できるが、腹ペコの営業マンで大盛を食べると1000円になる。
同値段なら街の蕎麦屋ではカツ丼・蕎麦セットを選べる。
 どっちを食べるか、それも選択肢として楽しい。

2018年6月26日のランチタイム訪問

食べログの情報はこちらから

参考ブログ「ZATSUのラーメン」はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。  
Copyraight(c) 2018 himeharuzemi. All right reserved.


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://himeharuzemitama.blog.fc2.com/tb.php/2308-ff8629c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)