プロフィール

ひめはるぜみ(多摩)

Author:ひめはるぜみ(多摩)
故郷 多摩地区を中心に 食べ歩いたお店や料理を中心に描いています。最近のコンデジはレベルがあがり、写真の技術が伴わずピンボケ写真になっていますが、それも 愛嬌。ご容赦ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

多摩 我が愛しのお店②
東京多摩地区を中心に 楽しいお店・美味しいお店・あれっ?なお店を書いています。私の主観による感想で、情報提供をするサイトではありません。私の忘備録の日記です。
立川駅南「のーかる」おいしい野菜は差別化できるはず。を実践している。
 夏になると、地場野菜が盛りになってくる。
確かに生産者や流通業者の努力で、年間トマトやキュウリを食べられるようになったが、
いまの季節の枝で完熟のトマトの旨さに敵うものはない。
180627立川のーかる001R  

180627立川のーかる002R 
立川駅南の「のーかる」には、立川の地元の鮮度が良い野菜が売られている。
基本は毎日仕入れだから、
スーパーの野菜とは一味も二味も違うものだ。
180627立川のーかる003R
トマトのほか、トウモロコシの甘さも特筆ものだ。
「のーかる」には野菜のほかに、鶏卵も販売している。
立川ならば、伊藤さんの卵だ。
値段は少々高めだけど、黄身の甘さか抜群である。
地元を大事にしたい 地産地消を応援したい消費者に大歓迎の店である。

180627立川のーかる004R

ちなみに滅多に料理しない私が、
フライパンに開けてみると、
伊藤さんの卵は黄身の色は
カラーでいうと18ぐらいだろうか。
オレンジ色に近い黄色である。
180627立川のーかる005R
「のーかる」はいつもそこそこ流行っている。
本当はもっと地域住民に支持され、
大賑わいの店になってもいいと思うのに・・なぜだろう。
ファンの一人として、疑問に思うのだ。

2018年6月27日の訪問

以前の訪問記事はこちらから


このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。  
Copyraight(c) 2018 himeharuzemi. All right reserved.


テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://himeharuzemitama.blog.fc2.com/tb.php/2310-6ab0b3a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)