プロフィール

ひめはるぜみ(多摩)

Author:ひめはるぜみ(多摩)
故郷 多摩地区を中心に 食べ歩いたお店や料理を中心に描いています。最近のコンデジはレベルがあがり、写真の技術が伴わずピンボケ写真になっていますが、それも 愛嬌。ご容赦ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

多摩 我が愛しのお店②
東京多摩地区を中心に 楽しいお店・美味しいお店・あれっ?なお店を書いています。私の主観による感想で、情報提供をするサイトではありません。私の忘備録の日記です。
あきる野 「太公望」あご出汁に懐かしさを感じた。
 あきる野市には美味しいラーメン屋が沢山ある。
そしてラーメンと言えば太公望を忘れてはいけない。
今日は梅雨寒だ。雨がぱらついているからお客さんが少なく店にも入りやすいだろう。
今日がチャンス。ラーメンを食べに行くことにした。
180706あきる野市太公望013R
カウンターに腰を掛けると
「メニューはこれしかないんだ」とご主人にパウチッコされたシートを差し出された。
これしかないって?
180706あきる野市太公望002R  
細かい字でびっしり埋め尽くされたお品書きの中から
初めて来店した人向け・・・
しょうゆらーめん730円縮れ麺を選び、トッピングにワンタンを加えることにした。
テレビでは九州地方の大雨の状況が報道されている。
筑後川が大変なことになっている。
私の親戚たちは大丈夫だろうか。そんなことを考えていると、
らーめんがカウンターに乗せられた。
180706あきる野市太公望006R
シナチクが細切りだ。わかめと海苔が風味を上げている。
(海藻類が好きな人は喜ぶが、そうでない人は嫌がる風味の強さだ)
180706あきる野市太公望010R  
少し汁を吸ってきた麺を急いで食べながら
好物のワンタンをいただく。
3枚入って50円とはサービス価格だ。

スープの出汁に懐かしさを覚えた。
いりこほどくどくない。
昔から慣れ親しんだ透明感ある味は
飛魚出汁らしい。
180706あきる野市太公望012R
そういえば、実家の正月の雑煮は飛魚出汁だった。
福岡県出身の父親が好きだった味に巡り合って
記憶の奥にある郷愁を思い起こされる。
派手さはないが、なんだか優しい。

鹿児島県出身のご主人が「あご」のことを教えてくれる。
食べ物の味というのは
食べ物以外が占める要素がずいぶんあると
ご主人と二言三言会話して改めて思うのだ。
「太公望」一度で好きになってしまった。

2018年7月6日のランチタイムの訪問

食べログの情報はこちらから

参考ブログ「Man太郎のラーメン大好き」

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。  
Copyraight(c) 2018 himeharuzemi. All right reserved.

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://himeharuzemitama.blog.fc2.com/tb.php/2313-91c6a60f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)