FC2ブログ
プロフィール

ひめはるぜみ(多摩)

Author:ひめはるぜみ(多摩)
故郷 多摩地区を中心に 食べ歩いたお店や料理を中心に描いています。最近のコンデジはレベルがあがり、写真の技術が伴わずピンボケ写真になっていますが、それも 愛嬌。ご容赦ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

多摩 我が愛しのお店②
東京多摩地区を中心に 楽しいお店・美味しいお店・あれっ?なお店を書いています。私の主観による感想で、情報提供をするサイトではありません。私の忘備録の日記です。
あきる野市「大勝軒」さすがに安定感あるイリコ出汁
  1809011あきる野大勝軒001R
あきるの市のラーメン屋の有名どころは全部回ったと思ったが、
いや大事な店を忘れていた。それは大勝軒だ。
永福系の煮干しラーメンで勝負する店で、入店客は男ばっかりだ。
1809011あきる野大勝軒002R
狙いはワンタン麺に決まっている。
70歳はとうに超えたとみえる親父さんが、麺を茹でる。
その姿は味があり、ラーメンがさらに旨くなる。
1809011あきる野大勝軒004R
丼からは、強い独特な煮干しの臭いが立ち上ってくる。
好きな人にはこたえられないが、そうでもない人は一歩引いてしまうほどだ。
だか、不思議なことに食べて行くと、次第に嗅覚が慣れてきて、丁度良くなるのだ。
煮干しの濃さが薄まったころ、海苔を食べると、忽ち、磯の香りが蘇ってくる。
これは面白い。
1809011あきる野大勝軒005R
出てきたラーメンの姿は、中くらいの丼に沢山の麺が入っていてパンパンになっている。
麺は柔らかめで、あきる野大勝軒の茹で方なのだろうか。
私の個人的な好みは、もう少し硬めだ。
親父さんの茹で方なので、
これが一番のパフォーマンスを発揮できる硬さなのだろうと説得されられてしまう。
1809011あきる野大勝軒007R
ワンタンのなかから、ごま油の風味を感じた。
チャーシューは硬さがあり、味かしっかりついていて、旨い。
1809011あきる野大勝軒009R
全てを食べて、すっかり満足だ。
秋になり、気温が下がってきたのですぐに再訪するだろう。
2018年9月11日ランチタイム

食べログの情報はこちらから

参考ブログZatsuのラーメンはこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。  
Copyraight(c) 2018 himeharuzemi. All right reserved.

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://himeharuzemitama.blog.fc2.com/tb.php/2353-5e60367f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)