FC2ブログ
プロフィール

ひめはるぜみ(多摩)

Author:ひめはるぜみ(多摩)
故郷 多摩地区を中心に 食べ歩いたお店や料理を中心に描いています。最近のコンデジはレベルがあがり、写真の技術が伴わずピンボケ写真になっていますが、それも 愛嬌。ご容赦ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

多摩 我が愛しのお店②
東京多摩地区を中心に 楽しいお店・美味しいお店・あれっ?なお店を書いています。私の主観による感想で、情報提供をするサイトではありません。私の忘備録の日記です。
立川駅南口「室蘭焼鳥いっぺいやっぺい。」立ち飲みでサクッと
 久しぶりにJRを利用して、都内に出かけた。
本当に久しぶりだったので、自分の東京駅のスイカの在処もわからず
家内のスイカを使わせてもらっている。
JR関連ではスイカは無敵である。
私は車通勤が多くスイカの利便性を強く感じないが
もしもJR通勤者ならばスマホに入れて持ち歩くには抵抗はないだろう。
181007立川室蘭001R
さて、立川駅南口を降りて繁華街に向かう。
この付近は焼鳥の激戦地である。
その入口にあたる角に「室蘭焼鳥いっぺいやっぺい。」という立ち飲み屋がある。
場所が良いせいもあって、いつもほぼ満員の店だ。
181007立川室蘭004R
とりあえず生ビール398円税(抜き)を飲み
モツの煮込み369円(税抜き)と
追いかけて焼鳥をレバーと白とかしらを注文した。
181007立川室蘭002R
モツ煮込みは大体こんなものだろう。
味は悪くないし、逆に普通すぎてコメントもない。
私が若い頃行っていた焼鳥屋には
「豆腐入り」と「豆腐ナシ」があった。
豆腐好きの私は「豆腐入り」に決まっていたが
ひょっとして今なら「豆腐ナシ」にするかもしれない。
モツのおいしさがわかってきたということだろうか。
181007立川室蘭003R
さて、炭火で焼かれた焼鳥は香ばしい。
レバーはこげていて困ったが、
他は焼きすぎでも大丈夫だ。
 
この店は焼き方がリーダーで他の若いスタッフのコントロールをしているように見えた。
彼への負担が大きすぎて焼き方に徹することができない。
ちょっとした隙が焼鳥を焦がしてしまうのだ。 
一本132円税抜きだし、さっと切り替えて帰るにはちょうど良い潮時なのだ。
途中から飲み始めたハイボール284円(税抜き)を飲み干すとバス停に向かっていったのだ。
2018年10月7日夜

食べログの情報はこちらから

食べログでは3.43の高得点だが私には普通の立ち飲み屋だった。

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。  
Copyraight(c) 2018 himeharuzemi. All right reserved.

テーマ:居酒屋巡り - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://himeharuzemitama.blog.fc2.com/tb.php/2360-22e01937
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)