FC2ブログ
プロフィール

ひめはるぜみ(多摩)

Author:ひめはるぜみ(多摩)
故郷 多摩地区を中心に 食べ歩いたお店や料理を中心に描いています。最近のコンデジはレベルがあがり、写真の技術が伴わずピンボケ写真になっていますが、それも 愛嬌。ご容赦ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

多摩 我が愛しのお店②
東京多摩地区を中心に 楽しいお店・美味しいお店・あれっ?なお店を書いています。私の主観による感想で、情報提供をするサイトではありません。私の忘備録の日記です。
立川南口「盛岡冷麺 MICHI」
立川駅の南口に焼肉と盛岡冷麺の店があると聞いた。
大船渡出身のご主人が、あの大震災後に東京に出てきて焼肉店で働いて、
今から2年前に立川に店を出したそうだ。
しかし、この付近は焼肉の激戦地である。81021立川MICHI004R
なんと隣も満月という焼肉屋である。
きっと相当な差別化ができているのだろうと、
日曜日のランチタイムに訪問した。、
81021立川MICHI007R
店はこじんまりとしていて、20人も入らなさそうだ。
若い女性スタッフが2人と厨房にもう一人の3人体制だ。
ウインズからほど近いせいもあり、お客さんがポツリポツリと入ってくる。
81021立川MICHI006R
ランチメニューは絞り込まれている。
私はちゃんとした盛岡冷麺を食べたことがないので、
盛岡冷麺とミニビビンバのセットにしたら
ミニビビンバは本当にミニだった。
81021立川MICHI011R
これなら、盛岡冷麺を大盛りにした方が良かったと、後の祭りであった。
また、 普通の具材であって、変化球が欲しくなった。
韓国料理店にいくと、ごま油の風味や韓国海苔がアクセントと添えられていることがあるが、
ちょっと工夫があれば嬉しく思う。
81021立川MICHI010R
しかし、盛岡冷麺の美しさはただごとではない。
一分の隙がない、完璧な盛り付けだ。
麺は一本一本くっきりと筋のようであり、ツヤツヤである。
自家製と聞いたが、見ただけで美味さが想像できる。
81021立川MICHI012R
冷たいスープは滋養ありそうだが。
中辛で注文したが、それでも口唇に辛さの痺れを感じる。
それ以外は、なんとも優しい味がしている。
盛岡冷麺には、あまり馴染みがない私だが、それでも美味しく感じる。
記憶に残る店になった。
2018年10月21日 日曜日 ランチタイム

食べログの情報はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。  
Copyraight(c) 2018 himeharuzemi. All right reserved.


テーマ:焼肉 - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://himeharuzemitama.blog.fc2.com/tb.php/2371-28843926
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)