FC2ブログ
プロフィール

ひめはるぜみ(多摩)

Author:ひめはるぜみ(多摩)
故郷 多摩地区を中心に 食べ歩いたお店や料理を中心に描いています。最近のコンデジはレベルがあがり、写真の技術が伴わずピンボケ写真になっていますが、それも 愛嬌。ご容赦ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

多摩 我が愛しのお店②
東京多摩地区を中心に 楽しいお店・美味しいお店・あれっ?なお店を書いています。私の主観による感想で、情報提供をするサイトではありません。私の忘備録の日記です。
立川駅南口「BONSAI」つけ麺?つけ蕎麦?
 立川駅南口にアバンギャルドな蕎麦屋があると聞いた。
アバンギャルドの意味は良くわからないが、
今度北口にもできるというので、早速のぞきに行ってきた。
「つけ蕎麦BONSAI」
181031立川そばBONSAI003R
店はカウンターと2人掛けテーブルで
10人ほどの小さな店だ。
入口の自販機で
「鶏つけ蕎麦並730円を選び
ランチで100円になっている炊き込みご飯を追加した。
181031立川そばBONSAI004R
お昼時とあって、男性客でほぼ満員だ。
女性客は一人もいない。
私が存じ上げている蕎麦ブロガーは、
仮に女性客が全く入っていなくても躊躇なく入店しそうだが
一般の女性には牛丼屋並みの敷居の高さだろう。
181031立川そばBONSAI007R
「鶏は国産」「薬味は  云々」といろいろ蘊蓄が書いてある。
今時の表現力がある飲食店だ。
ただし蕎麦については 産地表記や製法がどこにもない。
181031立川そばBONSAI008R
料理が出てくるまで時間は少々かかった。
若干太目の蕎麦は光沢があるグレイだ。
殻を加えて引いているそうだが
殻の渋みはあるが、いわゆる「星」は見当たらない。
蕎麦の香り、甘みは弱い。
全体的につるつるしていて、つなぎに海藻か山芋等を使った蕎麦に似ている。
181031立川そばBONSAI010R
つけ汁は和風テイストだ。
山椒が強く感じられる。
太目でつるつるの蕎麦は、汁を寄せ付けない。
細目で縮れた麺の方が、この汁には合っていると思った。
181031立川そばBONSAI012R
炊き込みご飯は、見栄えは大したことがなくサービスの一品に見えるが、
実はこれは旨い。
じゃこの旨みだろうか。それとも出汁が旨いのか。
おすすめしたい。
181031立川そばBONSAI011R
つけ汁は余るので、最後はスープ割りで飲み干す。
蕎麦を食べ歩いている人には、あまりお勧めできないが
それでもお昼にサッと蕎麦を食べたい、つけ麺を食べたい向きには
ちょうど良い店であろう。

と、いうことで、私は近くにある沖縄そばの店の方が好みである。

2018年10月28日 日曜日 ランチタイム

食べログの情報はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。  
Copyraight(c) 2018 himeharuzemi. All right reserved.


テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://himeharuzemitama.blog.fc2.com/tb.php/2382-aadb7e32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)