FC2ブログ
プロフィール

ひめはるぜみ(多摩)

Author:ひめはるぜみ(多摩)
故郷 多摩地区を中心に 食べ歩いたお店や料理を中心に描いています。最近のコンデジはレベルがあがり、写真の技術が伴わずピンボケ写真になっていますが、それも 愛嬌。ご容赦ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

多摩 我が愛しのお店②
東京多摩地区を中心に 楽しいお店・美味しいお店・あれっ?なお店を書いています。私の主観による感想で、情報提供をするサイトではありません。私の忘備録の日記です。
あきる野「中華 もうつぁると」こんなところで美味しい中華に出会うとは。
 この数年の人気本の「パスポート」は
飲食店の紹介がされ、訪問すると割引価格で食べることができる仕組みになっている。
今の私のブームは「麺パスポート」を持って
初めての店に行くことである。
今日は五日市線秋川駅近くの「もうつぁると」なる中華屋さんに行くことにした。
中華屋さんなのに「もうつぁると」
名前の由来はたやすく推測できるであろう。
181130あきる野モーツワルト002R
本によると
ウリはいわゆる「酸辣湯麺」850円⇒500円。
この店では読み方は「スワンラータンメン」という。
それとえび餃子390円だ。
181130あきる野モーツワルト011R
先に海老餃子が来た。
「もうつぁると」の海老餃子はぎゅっと絞った感じで
肉感と強くその間に海老がアクセントになっている。
餃子の出来を褒める言葉に「ジューシーで熱々」というが
それには当たらない。
紹興酒との相性が抜群によさそうな、
餃子ではなく中華料理の点心の一品である。
181130あきる野モーツワルト012R  
「酢とラー油だけで食べてください」
失礼ながら秋川の田舎で美味しい点心にあったのは意外だった。

 次はおすすめのスワンラータンメンだ。
181130あきる野モーツワルト013R

「もうつぁると」のスワンラータンメンの特徴は
胡椒がシロ胡椒、麺は平打ち風。
野菜は、白菜・人参・きくらげといったところ
表面の白いのは自家製雲吞。
   181130あきる野モーツワルト014R
白ご飯をもらって、スープをかけて食べるころには
汗が噴き出てくる。
辛いといっても
私にとって耐えられる辛さなので(インドカレーはいつも中辛を食べている)
ふつうのお客さんにも強烈すぎるということはないだろう。
181130あきる野モーツワルト017R
そして、大ぶりな雲吞を食べる。
皮は餃子の皮を使い、
餡は餃子と同じだろうか。
皮が厚いのでつるりというより
しっかり食べるタイプである。
しかも旨い。
181130あきる野001R
 食べ終わるころ奥様が「杏仁豆腐です」と
自家製の杏仁豆腐を運んできた。
「手作りあんにんぷりん」なのかは聞き損ねたが
久し振りに柔らかくて旨い「あんにんとうふ」に当たった。
181130あきる野002R  
今日はすっかり満足した。
定番の850円でも十分に価値がある料理だった。
又来ること間違いなしだ。

2018年11月30日の訪問

食べログの情報はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。  
Copyraight(c) 2018 himeharuzemi. All right reserved.

テーマ:中華料理 - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://himeharuzemitama.blog.fc2.com/tb.php/2411-48a8523c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)