FC2ブログ
プロフィール

ひめはるぜみ(多摩)

Author:ひめはるぜみ(多摩)
故郷 多摩地区を中心に 食べ歩いたお店や料理を中心に描いています。最近のコンデジはレベルがあがり、写真の技術が伴わずピンボケ写真になっていますが、それも 愛嬌。ご容赦ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

多摩 我が愛しのお店②
東京多摩地区を中心に 楽しいお店・美味しいお店・あれっ?なお店を書いています。私の主観による感想で、情報提供をするサイトではありません。私の忘備録の日記です。
あきる野市 「手打ち蕎麦ひらの」かき揚げタワーを考える
 空が高く美しく、かつ寒い日になった。
温かい蕎麦を食べようと
スーパーいなげやの裏側の道にある「手打ち蕎麦 ひらの」にやってきた。
「ひらの」は人気がある店で今日もお客さんでほぼ満員であった。
181210あきる野「ひらの」018R
下の店内写真は午後2時ごろ、やっとお客さんがはけたので写したものだ。
外からの明るい光が磨かれた床に反射している。
181210あきる野「ひらの」016R
お品書きから「かき揚げそば」900円をすぐに選んだ。
税抜き価格だから実際には956円になる。
「ひらの」は天ぷらが旨い店だ。
あったかい汁にかき揚げが入って
味がまろやかになってきっと美味しいに違いない。
181210あきる野「ひらの」001R
運ばれてきたお盆には
別盛になったかき揚げが出てきた。
温蕎麦の器に比べてかき揚げの大きさが目を引く。
181210あきる野「ひらの」006R
蕎麦前ならいざ知らず
かき揚げを食べていると、せっかくの旨い蕎麦が伸びてしまう。
下衆な私としては、駅そばのように蕎麦にのせてさっさと食べたいと思っている。
181210あきる野「ひらの」009R
蕎麦は熱を吸い込み、ほろほろに溶け出していく。
これではいかんと急いで手繰っていく。
大きすぎるかき揚げは残っていく。
181210あきる野「ひらの」014R
いったい、いつ頃かであろうか。
かき揚げタワーが人気となったのは。
確かに驚きがあり、今風に言えば「インスタ映え」なのであろうが
それで食事としてバランスはあっているのか。

歳をとったせいか、油に弱くなった爺さんの戯言である。
同じ値段なら野菜天そばの方がよっぽど「私の普通」だと思うのだった。

2018年12月10日の訪問

以前の訪問記事はこちらから

食べログの情報はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。  
Copyraight(c) 2018 himeharuzemi. All right reserved

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://himeharuzemitama.blog.fc2.com/tb.php/2415-72e6c356
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)